2014年 06月 20日

(落書漫画) 妖護学級ハヴリダ 02 「魔法考古学の体験学習」(32P)



不定期連載の魔法学園モノです。
第一話(こちら) 第三話(???)
キャラクター紹介
ルウナ先生(おっとり魔法教師)
セルジュ(ツンデレハーフエルフ) / マギハ(ソフト系ヤンキーのドラゴンハーフ)
マーク(まじめなハーフオーク) / ステラ(単眼で不思議ちゃんのハーフゲイザー)

まだ先(8月頃?)になりますが、このシリーズで
裏サンデーの第三回投稿トーナメントにエントリーしようかなと思ってます。
そのときには、よかったら応援してもらえると嬉しいです。
人気投票で上位になれば連載させてもらったりできるそうです。

@補習コーナー(設定関連の補足)
☆ディスペルの消費マナは打ち消す対象の強さに比例する。
遺跡のゴーレムは強かったのでルウナ先生のマナは一回で空っぽになってしまいました。

☆桃園の誓い
"我ら生まれし時は違えども、死すべき時は同じと願わん"という詩。
古の時代、3人の歴史的魔法使いが桃園で義兄弟の誓いを建てた。
ハヴリダ達はそれを真似たらしいですよ。

☆力の言葉
魔法を発動するときは呪文を唱えると、はしょった場合より
効果効能の向上・消費マナ節約などのボーナスがつきます。
言葉にはそれぞれに意味があって、組み合わせて使います
ポル・オルト・グラーブは動く・魔法・場という意味です。
これはUOのシステムをマネしたもので、言葉の内容も、UOのやつをもじってます。

ウェブ拍手レスのコーナー

やっぱり犬飼ってるからか犬の絵が上手いなぁ
しかもリアルなのにかわいい
というわけでモモちゃん画像ください

20140620-857497353.jpg
ありがとうございます。風になったモモちゃんです。

続きを読むであとがきです。
[ 続きを読む ]