2014年 09月 27日

(お知らせ) 「妖護学級ハヴリダ」裏サンデー連載トナメの2回戦

20140927-senden.jpg

第三回裏サン投稿トーナメント2回戦「妖護学級ハヴリダ」公開中です。
(9/26~10/2まで)

裏サンデー | 妖護学級ハヴリダ | 第2話 http://urasunday.com/tournament03/comic/2006_2_3rd.html

今回は日常回というコンセプトで、ハヴリダの巡航形態として描いてみました。
ハヴリダたちと先生の絆を描いて、地固めです。
でも、学園の外へ出ちゃうのは、ちょっと早かったかなとも思いました。
ちなみに、いずれ作中で言及するつもりですが、魔法の呪文は集中とマナ消費低減を助けるものなので
緊急時等には無言で発動することも可能です。ただしその場合は威力と燃費が悪化する感じです。

3話で日常を破壊する話をやって、ドラマチックな形態に変形する予定です。
1話で世界を作り、2話で世界を広げ、3話で世界(お約束)が破壊される可能性を示す
というのは、まどか☆マギカの脚本の書き方に習ったものです。
ルウナ先生の頭がなくなったりはしないですけどね。
こういう日常回のあいまあいまに刺激的な話をやって…という風にローテーションさせる事を考えています。
恐らくマジックアイテムで8ページ短編でやってたスコシ・フシギ系の話も書けると思うので
ハヴリダというフォーマットはとても僕の作風に合っている気がします。
連載になったらいいですけど、ダメだったらU2でのんびりやっていけたらいいなあと思います。

ちなみに現在投票率は第五位で、一回戦はAブロック3位だったので
Bブロック組と合流した事を考えれば、悪くない成績だと思います。
が、欲が出てまた3位に入りたいなあとか思ってたのでちょっと残念でした。
第2回トーナメントではhelckが2回戦8位から3回戦3位へと大逆転して連載化したので
やっぱり大事なのは三回戦のようです。今描いている原稿をがんばります。

第三話も乞うご期待です。

※追記 Helckは3回戦2位でした。訂正します。

2014年 09月 16日

(短編漫画)「魔法少女ユトリバティ」(32P)



裏サントーナメントとかでごたごたしてて、ブログに乗せてあとがき書くの忘れてました。
8月にpixivで発表した新作です。


続きを読むであとがきです。

[ 続きを読む ]

2014年 09月 15日

(創作漫画) 妖護学級ハヴリダ 01(加筆修正版)



第三回裏サンデー連載投稿トーナメントに出したバージョン+αの加筆修正版です。
旧pixiv版からの主な変更点としては
☆ペンタッチを線幅修正ツールで強弱ある感じに修正した(8ページ漫画で色々実験した画風の反映)
☆マークの十字架をキリスト教そのままから少し変更
☆37ページのクライマックス、ルウナ先生のキメゼリフと絵を1ページまるごと差し替え
といった感じです。

ちなみに連載投稿トーナメントに出してどうなったかというと
なんと第一回戦をAブロック3位で通過することができました!
Aブロック、100作品以上ある中での順位でしたので、嬉しかったです。
ハヴリダがダメだったら何描けばいいんだ…と思っていたので、始まる前はドキドキしました。
座ってるだけでドキドキしすぎて心臓おかしくなって立てなくなったのは初めてです。

9月26日から2回戦(2話)が始まり、人気投票で通過作品が決定されます。
3回戦で1位になるか編集部に見込み有りと判断されればいきなり商業連載化されます。
一回戦では応援ありがとうございました。引き続き、よろしくお願いします。

正直1回戦突破できたらいいかくらいに思ってたので、結果にびっくりしました。
何故3位になれたのか、自分なりに反省してみたのですが
☆ストーリーを第一話だけで起承転結させた
(連載を意識して起承・くらいで1話が終わり潜在能力を発揮できなかった作品も多かった)
☆ライトノベル的にキャラクターを中心に語る作品だった。(キャラ萌え重視)
☆どんなキャラクター、世界観、物語で作品をやるのか一話ではっきりと提示した。
☆その提示された要素が、需要のある「魔法学園ファンタジー&ほのぼの系」だった。

以上の4点が強みになったのではないかと思います。
やっぱキャラ萌え(燃え)が一番大事っていうのは当然ですが
特に学園ファンタジーというのは定番中の定番ながら今の裏サンデーには無く(クロガネが若干それ系?)
連載作品には主人公が悪役と憎みあいながらバトルするような作品が多いので
「ほのぼの系」は逆張りとしてかなり狙い目だったのではないでしょうか。

僕の考える漫画は殺伐としているのですが、それを強制的にほのぼの展開に持っていってくれる
「ルウナ先生」というキャラクターが上手く機能してくれたなという感じです。

ちなみに通過作品の中で僕は、絵は下手なほうですし
ストーリーテリングや演出も僕より上手い人多かったです。
それでも3位に食い込めたのは幸運であったと思います。
つーわけでなんかすごい「まぐれ」感があって不安です。

勝因を理論化しなければ今後も生き残れないので
ちょっと偉そうな感じになりましたが、以上の4要素にまとめてみました。
このトナメ、レベル高くてやばいです。2回戦以降も応援よろしくお願いします。


それから、お知らせです。
10月12日の関西コミティアに出ます。
今年の上旬に描いてた8ページ漫画の同人誌化を計画しています。
詳細は追って告知します。