Since 07/1/2002

| 1 | 2 | Next»

2006年 05月 16日

[手書きアニメ] ずびっ ずばっ どぶぁぁっ!!




デビルメイクライ3スペシャルエディションのバージル兄様があまりにもかっこいいのでインスパイアされて居合い斬り描いてみました。





踏み込み後「溜め」無しバージョン。
同じコマ速度なのにこっちのほうが太刀筋が早く見える。


動きのコマを斜線にしちゃうと簡単にスピード感がでますけど、(例:はやうちくん)それじゃアニメの練習にならないような気がしたのでできるだけコマ割で動きを表現してみました。超めんどい!疲れる!!つーか居合い斬りかっけぇーーー俺もやりてぇーーーけど切り殺したカカシみたいなやつの後始末とかめんどくさそーーー


ふと思い出しましたが、昔から目の錯覚を考えるのが好きでした。両手の人差し指をひっつけて近くで見るとソーセージになるとかそういうのを授業中とか暇なとき研究してた小学生時代。かなり怪しい子供だな。

アニメもある種の錯覚を利用したものなので、こうして色々試すのが楽しいです。考えてみれば素質があるような気がしてきた。好きこそものの上手なれ、才能というのは、それぞれ物事を楽しんで打ち込めるか否かだと思っております。どんな事でも、それを好き好んで死ぬほどやれたらその人はその道の達人になれますからね。まぁよほどお脳みその性能が低い人だったらそうでもないでしょうけど。逆にやる気が出ない物事で達人として成功するのは難しいでしょう。

つってもまー、あんま毎日アニメばっかやる気にはなんねーな…。つーかゲームでも絵でも同じことばかりやるのは苦手なんだよね。色んなのを日替わり。やべえ、多勢に無勢だ!じゃなくて器用貧乏路線だ!!

2006年 05月 08日

[アニメ] バキッ バキッ …グワッシャァ!



お、おで、"トモダチ"に なりだがっだ だげ なのに(右の人)

EasyToonの性能に限界を感じる。もっと高性能なソフトねえかな…でもシェアウェアは業務用でアホたけえしなー。需要もねーから日本橋の怪しい露天とか行ってもねえだろうし。畜生。せめて、描写面でお絵かき掲示板くらいの機能性があれば十分なんだけど…。

2006年 03月 29日

[動画] アーチャーしてみる



ビシュッ ガッ ビシュッ


そういやもののけ姫でアシタカがこんなんやってたな。早いシーンで一瞬の出来事だったから、見るの3回目くらいでやっと気づいたような覚えがある。


そろそろ静止したモーションじゃなくて移動してるとこやりたいなー。例えば、右から左へ障害物を避けながら走っていくとかそういうのやりたいなー。あるいは、こういうマネキンくんじゃなくて服着てて顔のあるキャラクター性のある人物の動画やりたいなー。でもそういうのはめちゃ難しそうだなー。コマ数も多そうだなー。

2006年 03月 23日

[動画] 回し蹴りしてみる



グワオ!グワオ!

本当はアニメ版GTOのOPにインスパイアされて上段後ろ回し蹴りをやろうと思ったのですが、回転する方向を間違えてカカトじゃなくてつま先で蹴る「後ろ」じゃない普通の回し蹴り?っぽくなり、それもいつのまにか高さが下がって空き缶蹴ってるみたいになりました。キャプテン翼とかの○○シュートっぽいね、これ。

なんか前のコマと見比べて修正したり、おかしいところを確認できるせいか、アニメしてると絵が上達してってるような気がします。アニメって絵の練習にいいな。

2006年 03月 21日

[動画] はやうちしてみる



まあまあの早撃ちっぷりだ。

描いてて、このコマ余計だなって思って後から消すコマが4枚に1枚くらいある。どうやら動画枚数ってのは結構少なくてもいいみたいだ。あとなんか剣よりも銃のほうがコマ数多くて大変っぽいな。何枚も同じ形の銃を描くのも大変だ。

3/22 発砲後のコマでグリップ部分がやたら長くなってた崩れをさりげなく修正。以前より自然な感じになった。どうやらコマ数とかシーン以前に、作画が崩れてると動きが不自然になるケースもあるみたいだ。俺の場合そのケースのほうが多そうだから気をつけるべきだな。ちなみに以前のバージョンは< こちら

2006年 03月 20日

[動画] からたけわりしてみる



ずばしゅ!ずばしゅ!

早いところはコマ数を少なく、遅いところはコマ数を多く。これから何かするぞっていう予備動作にはコマを余分に入れると、その後の必殺技が冴える。このへんはマンガと同じ鴨しれ茄子。

ず~っと同じタッチで描くのが大変だ。俺って画風が安定しないタイプだから…。けど、この調子で練習してれば安定的に絵を描く力がつくかもしれん。あと、動画を作る作業を通じて、例えばこの動画の「からたけわり」をするとき人間はどういう動きをしてるのか、というのを本当の意味で理解できたような気がします。静止画なら1コマだけで十分だったから、適当でもいけたんですけどね。理解度が高ければかっこいいポーズも思いつくでしょうし、アニメやってたらひょっとすると静止画もうまくなるかも!!


昨日の記事の世迷い言なんですが、翌日自分で読んでみて何を今更と思いました。下手とか上手いとか今に始まったことじゃないだろ。ぶっちゃけどうでもいい。どうでもいいんだよ…どうでもいい…どう…でも…い…

あと「自分以外読むな」と書いておいてなんですが誰からもリアクションしてもらえないのも悲惨なものだなと思いました。

2006年 03月 18日

[動画] ボールを跳ねさせてみる



なかなかの跳ねっぷりだ。

形の変化(現実にはありえないウソ)というのをやってみました。落下直前にボールは縦に長くなり、落下の瞬間横に潰れる、という感じです。これこそ手書きモノの真骨頂だぜ。この形の変化は一枚絵やマンガにも応用できるな。ただしこれをやるとどんな物もゴム製っぽく見えてしまう諸刃の剣らしい。


アニメーターズサバイバルキットを買いました。最初からこいつを買ってくるつもりでしたが、本屋で立ち読みしてみてもアニメーター教本の中で一番実践的だったのはこれでした。ぱっと見たほかの和書はカットを並べるばかりで、アニメ原理の説明が少ないように感じました。逆にこの本は完成品のカットは少なくて原理の説明に軸足がある。本当に大切な情報が載ってる本という感じがしました。ディズニー風のぬるぬるアニメから、ワーナーブラザーズ系のビュンビュン動く日本アニメに近いようなものまで、アニメの技法や心得がぎっしりつまっています。多分この本に書いてある内容は俺のやりたいアニメに十分応用可能なはず。って、まだ本格的なものをやるかどうかわかりませんけどね。

ちなみに著者はロジャー・ラビットのアニメーション監督もつとめた大御所、リチャードウィリアムズさん。

この本、なんといっても文章がユーモラスで面白く、絵描きとしてもためになる事がいっぱい書いてある。特に一番最初の(まだほとんどここしか読んでないけど)海外アニメの歴史の項目は、アニメやらない人でも一見の価値あり。他に過去の巨匠の話やアニメ製作小話など、読み物としても楽しかったです。おすすめ。

2006年 03月 15日

[動画] 走らせてみる



おー、結構ちゃんと走ってるぞ。すげぇ。昔アニメーターズサバイバルキット(アニメーターの聖書)を立ち読みした時書いてあった中抜きとかいうのを適当にやってみたがうまくいったようだな。動きの最初と次のコマ描いて、んでその次にあるコマをいくつか抜いて、いきなり動きの最後のコマを持ってくると、迫力が出るんだって。だから中抜き。

けど描いてる最中、次にどの手がどっちに動くのかよくわからなくて、手足がワープしたり大変だった。右手を前に出した次のコマで左手が前にきたり壊れた人形状態。アニメの教本ほしい…






壊れた人形の例





壊れた人形の例…と思って適当に作ったらなんか偶然まともっぽいのができた。最初のやつからコマがいくつか消えてるはずなんだけど…コマが余計だったってことか?









おまけ

ムーンウォーク(適当

| 1 | 2 | Next»