Since 07/1/2002

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | Next»

2013年 08月 28日

[オリジナル短編漫画] けだものジュディス(34P)



オリジナルのおねショタ人狼ファンタジー漫画です。
エログロ注意。2013年8月頃制作。

今回は下書き兼ネームを一週間というスピードでできて
8月中旬には完成するかと思ったんですが、背景に森が多く
ペン入れ・仕上げに手間取りました。

ウェブ拍手レスのコーナー

別の方がされていた「何時頃プロになれそうですか?」の質問から派生した疑問なんですけどプロになると言う目標に対してご自身で何か期限は設定されているのですか?

特にありません。
僕は漫画が描きたいだけなので別に一生アマチュアでもいいくらいです。
どうせ描くなら良い物を、良い物を描けばプロになれる。
というわけでプロを目指したりはしています。

ふと気になったのですが、Twitterの自己紹介、日記帳だといいつつ何でまた公開設定にしているのでしょうか? 前にそれで酷い目にあったとのことですが、ならばなぜ非公開にしないのだろう、と不思議に思いました。あ、でも非公開にされるとしゃどさんの面白い映画評見れなくなるのでそのままでお願いしますね!(笑

「日記」というのはウェブサイトにおける個人日記を意味します。自分のサイトでは好きなことを書かせてもらうという事です。読みたい人が読み、読みたくない人は読まないでください。

僕はツイッターからSNSとしての属性を切り離し、ミニブログとして割り切りました。相互フォロアーを増やしてTLを作って馴れ合いをやると楽しいですが、空気を読んだり同調圧力をかけられたり、従わないと嫌がらせされたりして窮屈でもあります。僕はどちらかというと自分の考えを自由に述べられる環境のほうが好きなのでキャラを作る必要があるような馴れ合い要素は捨てました。自然に親しくなった人との交流はしています。

また、同人誌即売会の文化においては異物を探しだして集団で嫌がらせする事もあるようですが、一般的なインターネットにおいて個人の主義主張は人の勝手であり、犯罪自慢でも無い限りは、そこに圧力をかけるような勢力は「荒らし」などと呼ばれます。管理人である僕に対して何か迷惑をかける人がいればアクセス禁止やブロックによって厳正に対処するだけです。しかしアク禁はどうしても巻き添えが発生するので、当サイトでは昔から最後の手段としています。

ところで、どうやら即売会で僕に目をつけた人の中には、いまだツイッターを非公開リストで監視したりウェブ拍手で他人のふりをして接触してくる人が居ます。そのような行為を遠ざけるために鍵をかける必要性はあるかもしれませんが、その人は数々の技術的痕跡や情況証拠を残しているので正体はわかっていますし、今のところ具体的な嫌がらせはされていません。

もし今後その人が過激な問題行動にでれば、アクセスブロックや、わりとちゃんとした立場のあるサークル主の人なので、直接メールで辞めるようお願いしたり、それでもダメなら名指しでの告発のようなもので対処可能であると考えています。まあ僕はそのようなことに時間を割きたくないので穏やかにお引取り願いたいです。でもいい加減にしろって思ったらやる時はやります。


ジュリエッタは本編と未公開版の間くらいのラストにするのが良いと思いました。ジュリエッタが心を持つくだりまでは良かっただけに一方的に博士を殺して終わりというのはちょっと惜しい気がします。

感想ありがとうございます!意外性のある事をしてやろうと思ってぶち壊しになるようなEDを考えて現在の形にしたような気もしますが、自分でもちょっと気になってました。

また、同じような意見と改善案を知人からpixivメッセージでも頂きまして、ラストはもう少し改変の余地があるな、と思ってます。ジュリエッタ2が実は博士の事が少し好きそうで、殺すとき涙を流す…(この場合、「ジュリエッタが残ってるのかも」はセリフで説明はしない。芝居で表現する)とか。漫画賞に送るバージョンはたぶんそのように改変します。

トップ絵の点字ブロックを枕にしてる女の子、ずっと脇腹のところに犬が寄り添ってると思ってたけど、これカバンだ!
この子はシュウコちゃんっていう名前で、2月頃にペン入れまで終わらせた短編の主人公なのです。絵はかなり丁寧に描きました。しかしネームからリメイクしたくなってお蔵入りとなり、そのネームも調子乗って3話まで書いたのに、なぜかお蔵入りしています。近いうちにペン入れ版を仕上げて、パラレルワールドのネーム版も全部写植だけでも打ってアップしようと思ってます。

続きを読むで「けだものジュディス」のあとがきです。
なんか今回は結構長くなっちゃいました。
[ 続きを読む ]

2013年 07月 13日

(オリジナル短編漫画) 心ないジュリエッタ (34P)



ウェブ拍手レスのコーナー

漫画賞に投稿とか持ち込みとかされた作品は
編集さんの反応がどんなだったかも合わせて知りたいです!
今後もがんばってください!

ありがとうございます~
基本的に投稿しても落選だと感想って帰ってこないんですよねぇ。
コレ、正直やる気がなくなります!!
編集さんは漫画家志望にもっと感想を与えてくださいませ。
例外的にいくつかもらえたレビューを古い順に思い出して書いてみます。
昔のは忘れましたが、持ち込みも含めて。

「悪の組織お魚地獄と正義のスーツ」
小学館の大きい賞に送ってみました。
通知表のような細かい評価と、手書きによる感想を頂けました。
内容は忘れましたが、絵柄は独特だけど雑すぎって感じだった気がします。

「正義の怪人」
何に送ったのかも憶えてませんが
「話は意外と読ませるがなんか微妙」みたいな感じだった気がします
意外と読ませる、ってのだけがよく憶えてます。意外とってなにw

「ゾンビと保険と未亡人」
小学館、IKKIの漫画賞に応募。編集部員の人たちから
それぞれツイート一回分くらいのアドバイスを頂き、今まで送った賞で
一番アドバイスが丁寧でした。

少年と母の関係にフォーカスした話が見たかった、という
丁寧な長文を書いてくれた編集者さんもいて、嬉しかったです。
でも一番印象に残っているのは「説明が長い 多い」って一言だけ
乱暴に殴り書きされてた人のアドバイスで
それ以来セリフのシェイプアップに努めています。
あれはちょっとショックでしたが効果抜群でした!

「おっさん男」
編集部/関西コミティアの出張編集部で
ビッグコミックスピリッツ?の編集さんに見てもらう(うろ覚え)

ギャグなのにシリアス向けなストーリー構成になっていてちぐはぐ感がある
というアドバイスを頂きました。
まさにその通りで、わずかな時間で若干の成長を実感し
プロの編集者さんはすごいなあと思いました。

「アプリちゃん」
実験的に、何か起こるかなと思って
ガチガチの女性誌に持ち込んでみる。
結果、色々侮辱されて小馬鹿にされる。
女性誌に萌え4コマをいきなり持ち込むことが不愉快だった模様
編集さんに悪辣な態度をとられたのは後にも先にもこの時だけです。
いや、こうなる可能性も含めて実験だったので、文句は無いですw
おかげで鍛えられ、編集者さんを前にしても堂々としていられるようになりました。

普通の状態で接した編集者さんは優しいですし、アドバイスも客観的でためになります。
編集者さんは、味方なんだ!と改めて実感した出来事でした。

「アプリちゃん」
少年チャンピオンの編集部に直接持ち込みにいきました。
「わかりやすいけど、これは載せても埋もれる」っていうアドバイスでした。
そして埋もれないようにしようという意識が暴走し
あのテーヘンジャーが誕生するのです。

テーヘンジャーはどこの賞に送ったんですか?
別冊少年チャンピオン創刊記念三誌合同漫画賞みたいな名前のやつだった気がします。
よく考えたらいくらチャンピオンでも少年誌の内容ではなかった。



以下、続きを読むでジュリエッタのあとがきです。

ボツにしたグッドエンドバージョンのエンディング(下書き)も。

[ 続きを読む ]

2013年 06月 25日

(オリジナル短編漫画) 底辺戦隊テーヘンジャー(24P)



2012年の9月頃に書いてた作品ですね。

書いてるときは悪乗りしまくりで異常に楽しかったです。
これは賞にどうしても間に合わせたくて3週間くらいで
急いで書いたんですが
今見ると、特に構成が甘すぎる感じですね。
キャラ考えただけで満足して、脇が甘くなってます。
それはそれとして、コントロール無視で球速を最大にしてみよう
というコンセプトで企画した漫画だった気がします。
デッドボールになってもいいや、みたいな。

そのうちシリアス設定でリメイクしたいかもしれません。
底辺の人間たちがレンジャー活動に希望を見出し
這い上がっていくような、きちんとしたストーリー作品にしても面白そうです。


話は変わりまして
近況報告なのですが、こないだ書いたリア充生活は
あの直後に色々あって一段落(終了?)しました。
オタクグループと歓楽街で働いてるような人たちがつるむ、という
奇妙な関係だったので、仕方ないかな…、とおもいますが
一番の原因は、やっぱり7、8人の大所帯になってしまったことかなぁ。
それで前回更新の「友だちスロット理論」を書いたんですよね。


そしてやってみてわかりました。

リア充、疲れます。

毎日のように誘われて
騒いで遊んでおもしろそうにしていたら
だんだん頭がおかしくなっていくのがわかりました。
やがて何が面白いのかわからなくなり…生きる意味を見失い…
まあリア充はリア充で大変ということですね。
隣の芝は青かっただけというわけです。


何しろ前前回の更新は、なかなか病んでますよね。
あれは多分、「リア充疲れ」です。僕は破綻寸前になると
ああいう感じで強がって平気なフリをするみたいですね。
やはり僕には家で原稿する引篭もり生活が性に合っている模様。

しかし良い経験にはなりました。
世界観が広がったと思います。

遊んでみてわかったのは、リア充は我々と同じ
血の通った人間であるということでした。(おおげさ)

なんだか楽しそうにしていても
リア充はリア充でとったとられた、浮気したのラブゲームで忙しくて
それはギャルゲーや漫画のように、甘いだけの恋ではない模様。

彼女ほしー、さみしーみたいな事いってるオタクと同じように
恋愛やら人間関係で、上手くいかなくて、いろいろ苦しんでいるわけです。
恋愛のチャンスはあっても、中々理想どおりには掴めない
という形で苦労のたえない世界らしいです。

無毒な空想世界に耽溺し、そこまでつらいことは起こらないけれど
刺激も少ない、という、おたく文化の世界とは、対照的です。

ちょっと生き方のルールが違うみたいでしたが
どちらも同じ「人間」が、一生懸命、生きていましたね。
肉食動物も草食動物も同じ地球に暮らす命なのです

というわけで、家でひっそり漫画を描けることの
有り難みを再認識しまして
与えられた恵みを天に感謝して、原稿作業に励もうと思います。


web拍手レスのコーナー

無理しないでね、漫画好きだお♥
どもです!
最近の漫画賞はウェブ公開OKのところが増えているので
できたてほやほやの新作漫画をアップするサイクルに
していきたいなと思っています。
こんな感じで半年前~一年の原稿とかアップしても
自分では下手くそにしか見えなくて、超つまんないんですw
やっぱ人には自己ベストを見て貰いたいですね。

偽善者にならなくていいので、くだらないことでも更新して欲しいなぁと思ってます。
心霊写真のカテゴリ見てくっそ笑いました

ありがとうございます。

昔の記事をみて、当時の僕はなんて呑気なんだろう、と思いました。
変な嫌がらせをされる、という経験がないから、純粋に書くことを楽しんでいる。
なかなか傷は癒えませんが、また好き放題やる感性を取り戻していきたいなと思います。

2013年 05月 15日

オリジナル4コマ漫画 アプリちゃん(16P)



同人誌のやつと内容は同じです。

作品を作って、見てもらって、次もがんばろう、ってのは
創作活動する上で大変大きなモチベーションになります。

しかし最近はそのサイクルが面倒くさいと思えるんですな。
何しろ色々ありましたので。
俺は面白い、正しいと思ってやってた事でも変な連中に粘着されて
まあそれがまわりまわって人格攻撃とかにも繋がりましたし
上から目線の常識ぶった説教だの、嫌がらせだのされて
もうどうでもいいわって感じです。

しかしまあ、そういうgdgd状態でいると
生産性が低下し続けるので
いい加減どうにかしようと思って重い腰を上げました。


ここ数ヶ月、とある事情によりペン入れはしていなかったのですが
オリジナル漫画のネームを、ちまちまやってました。
結構書きなおしたりしてるんで、ぼちぼちですが
32ページの短編のネームが6本あります。
3ヶ月で1年分くらいのネームを先にやった感じです。
単純にキャラ考えたり話作ったりといった経験値効率は高いので
ネーム生活も悪くないかもですね。


あと、同人辞めてリアル中心の生活にしてたら
なんか運が向いてきて、あれこれ充実してきました。

インターネットで数千人に向けた娯楽を提供するよりも
リア友と遊んでささやかな幸せを噛み締めていたほうが
よっぽど楽しいです。

なんかもう、怖いですわ、目立つのが。
普通の絵師とかがやってるみたいに、善人ぶったキャラ作って
うさんくせー聖人君子みたいに振る舞うのは嫌ですし。
基本的に、いつも自然体で居たいんで。
居場所守るために邪魔する連中の屍を踏み潰して歩くのも俺の趣味じゃない。
じゃあ世捨て人として世を忍んで生きるか…
みたいな感じになるわけですよね。
つっても、メディア露出を、一般人程度にする、ってだけですけども。

んで最近原稿できる時間があんまりなかった。
何しろゴールデンウィークは連日遊び歩いて川でBBQしたり
そんな調子でしたからね。
楽しくて楽しくて仕方ないですね。完全にリア充ですよ。
毎年高い金払ってMBFでイジメられにいくのが鬱だった例年とは大違い。

で、俺が漫画書いてなかったらウンコ製造機なんですけど
まあこれも人生経験。インプットの時期なのかな、と考え
ひたすら創作のヒントになりそうな出来事をメモったりして
遅まきながら青春を謳歌してます。

ウェブ拍手レスのコーナー

しゃどさんの雰囲気好きなので、またツイッターフォローさせていただきました
ツイッターはもはや誰かを楽しませるためにネタやったりしないで
単なるそこらへんのおっさんの愚痴コーナーと化していますので
全然面白くないと思いますが、よろしくお願いします。

2013年 02月 11日

(オリジナル短編漫画) おっさん男(16ページ)


同人誌と内容は同じです。

ストーリーテリングや演出を研究するうち
何がなんやらわからなくなったので
初心に戻るつもりで、気分転換に書きました。
これで、キャラクターは大切だな、と感じて
この次の「アプリちゃん」からは「キャラクターを考える」、という方向で
書くようになりましたが、まだ、「キャラクターを起てる」ための
演出、脚本を考えるという発想は無かったですね。
今描いてる作品からは、キャラクターを起てるために話や絵がある、という風に
意識して書いてます。

ウェブ拍手レスのコーナー

ニコマスやPixivのしゃどPの作風が好きで楽しませて頂きました。お疲れ様でした。人が集まる以上、色々あるのは仕方ないですね。今後の活動に幸あらんことを!

ありがとうございます。俺は作風も言動も目立つ性分なので、もっと根本的な部分でコソコソっとやる工夫をするべきなんだなと思いました。今後は特定コミュニティに深入りせず、個人的にネット同人をやっていきます。よろしくお願いします。

2011年 09月 28日

[オリジナル漫画] 「正義の怪人」36p



この漫画書いてたのはいつだったでしょうか。
最初思い出せなくておかしいなあと思ったのですが
よ~く推理(もはや「思い出す」ではない)してみたら
2011年3月頃書き始め4月に完成し、でもマンガ賞の締め切りをオーバーしたので
7月くらいまで寝かせてちょっと加筆したりしてたんですよね。
それでいつ頃の作品だか記憶があやふやになっちゃってたんでした。

ちなみにこの作品、最初は24ページ作品で
悪の女幹部は登場せず
悪マンくんが悪に目覚めるというブラックジョークとして終わる話でした。
でも、友達に見せたらなんか期待はずれだったって声が多かったので
およそ12ページ追加、加筆修正して真逆の結末にしました。
だから悪の女幹部と、その後のやっぱイイヤツだった的な展開は全部後付なのです。
そんなMADみたいな無茶ができてしまうんだな、というのが
今回一番勉強になりました。

自覚がある最大の反省点としてはカナコちゃんがキャラ薄いなって感じです。
最初はただのクソ女のつもりで描いてたし、「女性キャラ描ける時期」でもなかったので
絵も内面もちょっとイマイチな子になっちゃいました。
そもそも髪型の時点で、どういう構造なのかよくわからない。

お魚地獄もそうですけど
この時期はオリジナルで何書けばいいかわかんなくて迷走してたんですよね。
だから出来上がってから全然違う毛色の作品に
改造してみる、とかやってました。
でもこういうのはどこかぎこちなくなる気がするので
あとから極端にリフォームするのはやめようと思います。
今後は構想段階で作品の方向性をしっかりさせていきます。

ところで、9月27日でしゃどPは24才になりました。
そろそろ焦りがでてくる年齢です。
24才漫画家志望(受賞歴なし)とか悲しすぎます。神様助けて。

ウェブ拍手レスのコーナー

わんわんお

わんわんお

グンマーのラブホテル廃墟を目にした美希が「ここは地球だったの!」
アイマス猿の惑星は単体でいつかやりたいんでそれはまだキープで

やよいの鼻にドッグフードのせて待ての練習がしたいで
ドッグフードはやよいの主食

グンマーって内陸だから塩がメチャ貴重で
金と同じ重さで取引されるくらい春香さんの脇ペロペロした

面白いのでその設定出来たら入れたいww

2011年 09月 01日

[オリジナル漫画] 「悪の組織お魚地獄と夢のスーツ」



最近ブログ更新サボっちゃってました。ごめんなさい。
んでpixivにだけあげたりしてましたね。
画像1枚1枚ブログに貼るのって何気にめんどいので
今後はこのやうなpixivリンクで代用させて頂きます。

で、この漫画は、去年の年末から今年のはじめにかけて
腰痛やインフルエンザで度重なる工期の延長を経て書かれた落選漫画です。
女の子キャラを封印した漫画を書いてみたかったのでヒロイン無しで
最初はシリアス目な漫画だったんですけど
プロット作ったあと脚本段階でギャグ漫画にしたくなって、後付で
ギャグをいっぱい盛り込みました。
正直この時期はどうやってオリジナル漫画を書けばいいのか
迷走していた感がありますw

この次の漫画辺りから、やっと自然なテンションで
オリジナル漫画書けるようになった気がしますね。
アイマス漫画みたいにシックリこないなーって感じがずっとありまして
二次創作に慣れるのって怖いなーと思いました。

2011年 02月 13日

[オリジナル漫画] 短編 「過疎の星」24P

こちらの漫画は2010年秋くらいの四季賞に応募して落ちたものです。
あんまりSFとか(というか小説を)読まないんですけど、SF的な空想をするのは好きなので
今回は自分が考えた人類の未来をテーマにしてみました。

短編漫画つくりすぎ

[ 続きを読む ]

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | Next»