Since 07/1/2002

| 1 |

2017年 11月 16日

今、ギャグ漫画家が不足しているらしい件について

たまにはブログでも書いてみようかと思います。

~テーマ~
今日の話題は、昨今の商業漫画界で言われている「ギャグ漫画家不足」についての考察です。

~序論~
知る限り少年誌でも青年誌でも今、ギャグが描ける人が非常に足りていないそうなんですね。ちなみに僕はギャグ漫画家志望ではなかったんですが、描けるとわかったら編集者にコンバートを勧められ、いつのまにやらギャグ漫画家みたいになっております。とにかく狙い目、そんなギャグ漫画家ですが、なり手が居ない。

正確には、お笑いネタが書ける人は(十分貴重な才能ですが)結構いるんです。でも、それはツイッター漫画でよくある白ハゲキャラが面白いことをやる単なる「ネタ」であり、キャラクターとセットになったものではないんですね。商業的にこれでは何故いけないのかというと、キャラクター不在の面白さは「競争力」につながっていかないからです。お客さんは単行本を買う時、実際には「キャラグッズ」を買っているので、ネタだけいくら面白くてもタダで消費されて忘れ去られてしまいます。次々に無料で面白いものが流れてくるので、買う必要はありません。お笑いネタという品質に付加価値をつけて商売するには、キャラクターというブランドが、客のサイフをこじ開ける鍵となります。

また、二次創作などではキャラクターを考えなくていいので、これもネタが書ける人は活躍できますね。ちなみに昔の僕もそんな感じで、二次創作はできるのにオリジナル漫画が全然上手く行かなかったんですが、あるとき本を読んでキャラの大切さを知って修行して克服したものの、自分のキャラクターが作れるようになるまで、とても苦労しました。

で、こっからが本題なのですが、まあ、キャラクターを考えるっていうのが難しいのは確かですが、普通の漫画家と比べ、なんでことさらギャグ漫画家だけ少なくなっちゃうのか?っていう話です。ギャグ漫画は画力もいらないし、二次創作ギャグやツイッター漫画を描いてる人の数を考えれば、母数はかなり多いはずです。それでも少くなるには、何かの理由があるはずです。

[ 続きを読む ]

| 1 |