Since 07/1/2002

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | Next»

2005年 02月 20日

0円

http://www.rakuten.co.jp/medialab/438687/439999/602159/

今ならキャノンのデジカメ用レンズ13万円相当がタダだそうです。

カメラないけど俺も1個注文しました。
届いたらアリでも焼いて遊ぼうかと思います。


続報
どうやらカメラ本体もついてるらしいです。
よし、これを元手に写真家なってニート脱出だぜ!

と、思ったらページが削除されています。
はたしてカメラはゲットできるのか?


さらに続報
http://www.rakuten.co.jp/medialab/
トップページに謝罪文が!


----以下引用----

~商品価格掲載ミスによるお詫びとご訂正のお知らせ~

お詫び:2/19~2/20販売キヤノン EOS Kiss Digital N
(シルバー ダブルズームレンズキット)の価格表記について
  
2/19~2/20より、当店ページにて掲載をいたしておりまし
たキヤノンEOS Kiss Digital N
(シルバー ダブルズームレンズキット)についてでござい
ますが、こちらに関しましては、私どもの不手際により、
価格表記に誤りがございました。
誠に申し訳ございません。ご注文をいただいたお客様には
心よりお詫び申し上げます。  
  
今回の取引に関しましては私どもの不手際により、お客様
の意に添えない形となり誠に申し訳なく、また誠に勝手で
はございますが、キャンセル処理とさせていただきたく存じ
ます。
何卒ご理解とご了承くださいますようお願い申し上げます。

なお、ご注文をいただきましたお客様には、当店よりメール
にて別途、ご連絡をさせていただきます。

又、たくさんの皆様のからお問合せ等をいただいております
が大変沢山のお問合せをいただいておりまして、全てにお
答えすることができません。
誠に申し訳ございませんが、ご了承いただきますようお願
い申し上げます。

このたびは、ご迷惑をおかけすることとなりましたこと、心
よりお詫び申し上げますとともに、今後ともどうかメディア
ラボNEXT店をよろしくお願い申し上げます。





----引用終わり----


ケッ!

2005年 01月 11日

ゲームボーイアドバンスウォーズ1+2をやるよの巻

ゲームボーイアドバンスウォーズ1+2はいわゆるシミュレーションゲームです。

例えば大戦略とかスパロボとかティアリングサーガみたいな、誰もが子供のころ大いに期待して展開の地味さとシステムの面倒くささに絶望した系のゲーム。

中でもこのゲームは、ファミコンウォーズの子孫にあたるやつで大戦略を子供&大衆むけにアレンジしたような感じになっています。

ぶっちゃけ大戦略もスパロボもやったことないけどな。


で、なんか色々とね。やるわけですよ。戦車とか自走砲とか歩兵とかで。でも歩兵がまたちょう弱いんですよね。少しでも出歩こうものならバリバリバリって重機関銃で撃たれてバタバタ死んでいく。

しかし歩兵ユニットは都市の『占領』ができるのです。占領軍です。占領するとそこは自軍の領地となり、ユニットの補給や修理に利用できるようになります。そのためにも弱くてすぐ死ぬ歩兵をなんとか最前線に送り込んでやらなければならんのです。

ま、たぶんこいつら、ゲーム画面には写りませんけどプレイヤーが余所見してる間に隠れてレイプとか略奪とかやってるんでしょうね。そうじゃないと割に合いません。

例えばドミノショーグンの歩兵の占領速度が異様に早いのは、ドミノたんのわきの下からむき出しのヘソの辺りまでから発せられるフェロモンに反応してしまいどうしようみんなで取り押さえればどうにかなるんじゃないかいやあの女は特殊部隊出身だタダじゃすまねェぞ等と動揺することしかできず溜まりに溜まった欲望の捌け口を占領地に求めるせいだと思います。

おお素晴らしい。この説の正しさが証明されましたぞシレイ。



あとショーグンたち、みんな酷いよね。

なんか微妙に、仲が良いんですよ。お互い戦争してるのに。でもこいつらが戦いの中で友情を育んでる間にも前線では兵士達がバタバタ死んでいってるんですよ。

リョウとかいうガキなんか、戦いになったら『まっけないぞー!』とか一人で叫んじゃって。お前、もしかしてベイブレーダー気取りか?自ら自称すると熱血系キャラ?いいのか。お前の『まっけないぞー!』の結果敵の兵隊がたくさん死ぬんだぞ。どちらかというとそれは冷血だろ。


あとチュートリアルで戦争のやり方について教えてくれるキャサリンさん、『そうね。ここは歩兵を盾にして時間を稼ぐといいわ!歩兵でも軽戦車相手なら1回くらい攻撃されても平気なはずよ。』とか笑顔でいわないでください。その『1回くらい』で何十人死ぬと思ってるんですか。彼らにも家族がいるんですよ。あんたがそんなだからいつまでたっても占領地の略奪暴行が無くならないんだよ。


とにかくこのゲーム、気に入りました。
色々妄想するんです。HQ!HQ!(作戦司令部)砲兵支援はまだか!とかブツブツDSに向かって喋るのがたのしいですね。ここ数年部屋に閉じこもって戦車や戦闘機に"強く立派な自分"という理想を当てはめて妄想にふける虚弱な軍事オタクみたいな事をやってきた甲斐があったというものです。死のう。

2005年 01月 08日

ニンテンドーDS日記

DS届きました。
届いてみるとバンドブラザーズに初回限定版として"ステレオヘッドホン"がついている事が発覚!

こうしてはいられないと中身を開けて早速確認です!











え、あの、え?これただのイヤホンじゃ


いや、広義ではステレオなら全部ヘッドフォンらしい…知らなかった。もしかしてヒキコモリ以外の世間一般では常識なのでしょうか。両方ならヘッドフォン。かたっぽだけならイヤホンですって。じゃあこの世の中でイヤホンなんかつけてるの、覚醒前のエージェントスミスと耳の悪いお年寄りくらいじゃないの。






で、バンドブラザーズ。今までの音ゲーとはちょっと違いますね。

まずABXY↑↓←→全部にドレミファソラシドが振ってあって、自分が選んだ楽器のパートに合わせて正確なドレミを打ってかないといけません。ビートマニアみたいにリズムに合わせてボタン押すタイプとはちょっとちがいます。

ようするにDSのコントローラーでエレクトーン弾いてるみたいな感じですね。

これ、上達してみんなの前で上手く弾けたらかっこいいだろうなあ。まるで機械のような正確さでキーを叩いて演奏!その正確さはまるでMIDIのよう!

自分でやる必要無いじゃん。もういっそ全部機械にやらせとけよ。楽しそうにカチカチボタン押してるけど実はすごく不毛なんじゃないのこのゲーム。やるけど。

追記:はまあゆとかあむろなみえとか試験で強制的にやらせるの止めてください。アニオタを殺すつもりですか。死にますよ。たまに。あとラップを無理やりエレクトーンでやるのはどうかと思いました。オレンジレンジとかのハイテンションに隠されてよく分からなかったけど本当は惨めだった部分が白日の下に。




SDカード(左)とDSカード(右)比較。てっきり同じ形同じ大きさの物体かと思ってたら全然ちがいました。DSカードのほうがSDカード2枚分は環境にやさしそう。





ゲームボーイウォーズアドバンスのレビューはまた後日。

2004年 12月 20日

MGS3をやるよの巻

いやーMGS3面白いですね!
むしろソリトンレーダーがないとやっぱ大変ですね。すぐ見つかりますね。撃たれますね。

今回はすごいですよ。さりげなく18禁で発売しただけあって、顔あわせる度に敵がヒロインの胸揉むわ電撃でタイツを伝線させるわヘビは食うわ生け捕りにしたネズミを生で食うわナイフで弾は摘出するわ


そんなMGS3の中でも面白いのがキュアーとフード。
MGS3は銃で撃たれたりナイフで斬られたりするとケガをします。
それを、自分一人でがんばって治療しなければいけないのです。それがキュアー。

例えば銃で撃たれた場合。まずナイフで弾丸を摘出し、消毒液をふりかけ、縫合、止血剤を投与、包帯を巻かなければいけません。全部一人でやります。たとえ撃たれたのが 頭部 であろうとも。





処置の順番を間違えても大丈夫。

例えば

包帯>止血>縫合>摘出>消毒

とか。

もはや何をどう治療したいのか意味不明。


ま、スネークさんはすごいからそんなやり方でやってもすぐ治りますけどね。医療用アイテムさえあれば1秒で完治。

医療用アイテムが足り無くて消毒と止血と包帯ができなくても、何もしないよりかはマシ。むしろほっといても時間が経てば完治します。

さすが後にビッグボスとなるらしいネイキッド・スネーク。
その生命力はクマムシ並。

ひょっとしてソリッド・リキッド・ソリダスのスネーク三兄弟って、ビッグボスの体を三つに切り分けてみたらそれぞれが自己再生して3人に増えちゃった~みたいな存在なんじゃないのか。


追記:
~そんなMGS3の中でも面白いのがキュアーとフード。
とかいっといてフードについて書くのを忘れていました。

MGS3は食べ物を食べないでいるとスタミナが減少し、傷の治りやライフの回復が遅くなります。そこでそれを回避すべく、食料を現地調達するわけですが…


えっと、森の中には可愛い野ウサギさんとかがいるんですね。これがまたモーションが良くできていて、思わず拾い上げて抱きしめたくなります。


しかしそれを麻酔銃で捕獲し、生きたまま頭からバリバリ喰うスネーク。

こんな主人公、嫌。

2004年 11月 30日

RezとDQ8をやったよの巻

まずDQ8。

よいね。これよいよ。よいぞよいぞぉおぉおおおぉお

とりあえずゲームバランスがRPGとして優秀で、油断するとすぐ死ぬ。けど策を練ればなんとかなるかもしれない。

戦闘は歴代ドラクエに新システム「ためる」がついた感じ。「ためる」は武闘家の「気合だめ」が進化したみたいなコマンドで、それを実行すれば「テンション」が上がっていき、ためる1回だと次の行動の効果が約2倍、2回で3.5、その後も3回4回と重ねるごとにボーナスが加算されていく。テンションをためると回復呪文から物理攻撃まで、全部の行動の効果がアップする訳です。テンションを上げた状態でも呪文のMP消費は変わらない(多分)ので、ボス戦で大技を繰り出すときにも便利。


そんでスキルシステム。これはレベルアップごとにスキルポイントが手に入り、聖剣伝説3のレベルアップ後のステータス振りみたいに好きなスキルに分配していくというもの。まぁよくあるシステムだけど、スキルアップでつく「称号」がドラクエっぽくて面白いね。

このゲーム、何よりグラフィックが最高です。綺麗とかそんなんじゃなくて、工夫賞、みたいな。とにかくモンスターたちのモーションが素敵。

例えば「さまようよろい」を倒せば死ぬ直前に兜のアイガード(顔にある穴の開いたフタみたいな部分)がガックリ落ちて、ワンテンポ遅れて体がくずれる。『あ、今!!鎧に掛かっていた呪いが今!あなたの攻撃で解けました!!そんで鎧はテツクズに!!YEY!!』とでもいいたげな、非常に"さまようよろい"らしい面白い死に方をしてくれます。他にも色んなモンスターが、いろんな死に方、いろんな行動、いろんな動きで楽しませてくれます

すごいね。ぶっちゃけ期待してなかったけど、ここまでやってくれるんだね。買ってよかったと思いました。







そんでRez
これはヤバい。もうゲームじゃない。
Rezというジャンルの、なんか新しい遊び?

シューティングとかやってて、興が乗ってくると無我夢中になって神プレイ連続。そこでふと「おお、なんか俺すげえ!」とか思った瞬間何故か普通の人に退化。そのまま焦って死んじゃう…っての
あるじゃないですか。

Rezは、あの「俺すげえ!」の直前の感覚がずっと続くゲームです。絵をノリノリで描いている時と同じように右脳がよく動いてる気がします。超たのしい。けどシューティングゲームとしての楽しさとはまた違う。何か別の、"何か"。

音、光、リズム…高揚感

LSDってこんな感じなんだろうな~等と思わせるゲームでした。


でも多分、気持ち悪くなる人はとことん気持ち悪くなりそうです。とりあえず、PS2あるなら死ぬまでに一度は試してみるべきですね。その時は是非、トランスバイブレーター付きをお勧めします。


2004年 11月 08日

きまぐれロボット

アホ動画のコーナーにきまぐれロボットというコーナーがあります。11月末までの限定配信だそうです。


あー
もー
なに
これ


演技とは縁もゆかりも無ぇようなクズを声優に起用してやがる。売り出し中のお笑い芸人とテレビを追われた巨乳系ビッチだ。金で作品を売りやがって。死ねプロデューサー。アニメと俺に謝れ。そしてオタクに謝れ。

でもアニメーターは一級のプロ。
21世紀にもなって今更こんなアニメが見られるとはな…

あー
もー
なに
これ

2004年 10月 31日

もしかして我々は、とんでもない思い違いをしているんじゃないのか…?

そう、ここはBLOGという事だったんだよ!!


と言うわけで本日のゲームレビュー

ロックマンX7(PS2)。



はいクソゲー。
ゲーム本編以前に最初に始まるDEMOパートの演出が(略)



とかね、普通の人なら我が物顔で批判するでしょうけど。

俺だってFLASH作って(た)んです。くりえーたーのふしくれっていうか端くれなんです。えらそうに人を批判するだなんて、とてもとてもできません。なにしろ俺はくりーえーたーですからね。いくら作品をだめに思っても、明日はわが身とかそういう感じですよ。

という訳で今日は、「どこかにいそうな自称ゲーム評論家のレビューのようなもの」を考えて、書いてみようと思います。

まず断っておきますがね。これはね。俺の考えたことじゃないからね。『こんな人がいたらIRCとかで友達とバカにできて面白いんだろうな~』とか、そういう事を考えて作った架空の文章ですからね。くれぐれもそこんとこよろしくお願いします。


まず、一番最初に始まるDEMOパート。演出が素人以下。物語の導入部分になる、アクセルくんがレッドアラートを抜け出してイレギュラーハンターに身を寄せる事を決意する大事なシーンが紙芝居状態。っていうかイラストで紙芝居してる。紙芝居の質もキャラと設定を垂れ流すだけという昔のファミコンソフトレベル。これで『さあ謎が出てきたぞ。推理しよう推理』みたいな空気なんだから笑わせる。もしかして不条理系のギャグか?

その前後に始まるアクセルくんが悪代官みたいなのを暗殺するCGDEMOも最悪。どうやらこれを作ったやつはハナシを面白くさせるための『間』の調節ってものを知らないらしい。

はい、悪代官後ろから撃たれました。
はい、悪代官動揺しました。『な、なにをする!』
はい、悪代官の後ろにいた仲間は実はアクセルくんが変身していたのです。
はい、悪代官悔しそうにうめきながら死にました。
はい、アクセルくんかっこいー

とかいう一連の展開をまるで早送りするかのようにせせこましく描写。その場で何が起こったのか2秒後に気づく。気づいた時にはもう次の出来事が。何かイベントが起こっても、それについて関心を抱く暇を与えてくれない。観客にモノを考えさせる時間を与えるってのは演出の基本だろうが。なめてんのか?この業界を?


え?もしかして?これ?コンテ?コンテなの?あ、やっぱ天下のカプコンともなるとコンテすらコンピューターグラフィックスで作っちゃうの?すげえなあ?


キャラの足がまるで氷の上を走ろうとするトゥーンのようにシャカシャカ空周りしてるところとかはまぁ、仕方ない。あんまCG動かす経験がなかったんだろうね。許してやるよ。許しがたいけど。



で、肝心の戦闘パートも酷い。
動きがやたらゆっくりで、前記した氷上シャカシャカがゲーム本編で楽しめる。挙句の果てに空中にダッシュジャンプすると、前作までだと高速のまま切り替えして反対方向に戻れたのが、切り返すと大幅に減速する。

キーレスポンスと残像の残る空中ダッシュはロックマンXの基本だろうが。X1とかやった事ないでしょ?君?好きなゲームはFF7とかそういうタイプ?あ、やっぱり?そうだと思ったよ(苦笑)君みたいなタイプはこの業界で生き残るのは無理だよ。やる気が無いなら早く止めたほうがいいよ。ちゃんとしたゲーム作ってるカプコンのほかの人らにも迷惑だよ。ほんと、一度考えた直したほうが良いよ。まじで。天下のカプコンに泥を塗りやがって。クズが。


総評。
多分スーパーファミコンの『ロックマンXツクール』で作ったゲームだね。これは。






シミュレート終了。


うわあ。恐ろしい。
アマゾンとかで妙に大人ぶった敬語か丁寧語かあいまいな不思議言語で『!』マーク連呼しながら他人の作品を偉そうに評価してる小学生にヒキコモリの脳みそ移植したらこんなんになるんだろうね。

こんな事を本気で言うやつは死んだほうがいいな。




い、いやだ!ぼくはまだ死にたくなんかない!

2004年 09月 26日

アーマードコアワンコインフィギアとワールドタンクミュージアム



今日日本橋で買ってきました。
天才的サーチング能力によってダブり無し。
初めてなのに!すごすぎる。

どっちもいい出来ですね。
AC、ヒザの間接が動かないのとソフビ的に反り返ったキャノンが微妙ですけど…
今日からこいつらでクロッキーでも始めます


それにしても戦車、ロボットに比べるとなると随分弱そうだなあ





『オラァ、踏み潰されてえのか?カメムシ野郎!』
『ヒィィ!!勘弁してくださいよ!クレスト白兵戦型さんッ!!』






戦車についてた"土嚢型ガム"。土嚢…?



あ、よくみたらこの左のやつシークレットじゃん。うわー。
道理でだせぇはずだよ。こんな変なやつよりレオパルドくれよ。レオパルド。

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | Next»