Since 07/1/2002

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 12 | 13 | 14 | 15 | Next»

2005年 06月 23日

本日のデッサン教室17回目


本日のモチーフはビン(青)と紙テープ(緑)とさくらんぼの模型。今回のモチーフは自己選択制でした。次からも選択を迫られるのでしょうか。

実は、前回の終わりの1時間と今日の初めの1時間、ブロックとビニールテープを描いていました。しかし、どうしてもブロックの形が合わず、何時間経っても形が決まらない。何度も何度も、描いては消して、消しては描いてを繰り返しているとリアルでマジ泣きしそうになりました。しかし、あまりに哀れなその姿を見た美人先生が他のにしましょうと救済してくれたのでモチーフ変更。泣かずに済みました。あーもうほんと、ブロック系のデッサンだけはマジ勘弁。大嫌い。法律で禁止するべき。


あと、ボスのいらなくなった美術系週刊誌?をもらってきました。それぞれ、ゴッホ特集、ミレー特集、ルノワール特集です。ルノワールの塗りは綺麗やのう。ミレーの風景には実物に迫る存在感がある。ゴッホはぶっちゃけへたくそだな。


あ、それとアルテ2005とかいう美大の宣伝雑誌ももらってきました。色んな大学が必死に自己アピールをしていて、…まぁ、それだけの雑誌でした。

2005年 06月 17日

本日のデッサン教室16回目


本日のモチーフは布と花崗岩。前回の続きでーす


前回比でーす

布の影はぶっちゃけ想像で描きましたー

今日も今日とて美人先生にうまくなったねーと褒められましたが
生徒はみんな一定のペースで褒められているような気が…!?気のせい…!?


今日は神戸芸術工科大学の先生さん?が教室に営業をしにきていました。あんたんとこの生徒にうちの学校を勧めてくれー!などという感じでした。その先生さんと話している時のボスの顔は、以前世間知らずな似顔絵社長と対峙した時に見せたネゴシエーター(交渉人)の顔をしていました。

なんでも話では、今年から神戸芸術工科大学にオタク産業系のコースがたくさん増えるそうです。講師は全員業界人。現役の人のみを起用。週に2回授業に出る事を義務付けて契約してるんだとか。わあ、スゴーイ。でも漫画担当にしりあがり寿を持ってくるのはどうなんだ。あの人のマンガは確かに面白いけど、はっきり言って絵はヘタクソだぞ。構図なんか望遠横からオンリーのサザエさん状態だし。それでも面白いから不思議だよね。で、あんな一部の天才みたいなヤツを学校の先生にしても仕方ねえだろ。手本になりゃしねぇ。どうせなら同人上がりのヤング○○系で描いてる普通の中堅作家集めてきたらいいのに。オタクならそのほうが喜ぶだろ。

やっぱり美術関係の人がオタク産業に手を出す時は、どこかがおかしい。他の講師陣もよくわかんない人ばかりでした。誰?みたいな。そこへ来て、そいつらの弟子に根性のねぇ美大志望のクズどもだからな。まったく救いが無いぜ、このギョーカイ。等と呟いて自分の無職っぷりを正当化するしゃどさんなのでした。おしまい


以下自分用メモ(今日ならったこと)
・まだ思い切りが足りない。もっと暗いところを暗くするのです

・デッサンはでっち上げの技術。それっぽく見せるためなら手段を選ぶな!たとえば花崗岩の模様とかはそれっぽく見えれば比較的適当でよい。木を描く時に葉っぱを全部描かないのと同じです。

2005年 06月 09日

本日のデッサン教室15回目


本日のモチーフは花崗岩と布の塊。とりあえず今日は布を優先的に描きました。次回へ続きます

最近、いつも同じ時間に教室に居るもののお互い挨拶もしない(というか、彼は先生にすら挨拶をしないし、彼以外でも生徒同士で挨拶するのは爺ちゃん婆ちゃん以外には稀)受験生男子が、高校の課題か何かで自画像(油絵)を描いているのですが、なぜか彼は人に描かせてばかりで自分であまり描いていないようでした。

先生→隣の席のおばさん→別の先生。
お前はゴルゴ13の さいとう・たかを か?

でも、結局ボスに事が発覚して怒られてました。

ボスの考察によると、彼は"失敗を恐れて描こうとしないタイプ"の人間なんだそうです。そんな生徒の扱い方(上達のさせ方)を男先生に教えているところを盗み聞きしました。

失敗を恐れる、か。あたしゃそんな物はとうの昔に克服しましたよ。失敗を恐れて新しい事に挑戦せず、10年後もヘタレのままでいる事のほうが余程恐ろしいわい。失敗は成功の母とはよくいったものです。


※ 本日のフラグのコーナー ※
デッサン人形にハサミを装備させる俺
俺『ほら見て先生、チャッキー人形!
美人先生『うわー最悪やこれ…』(凶悪な人形に怯える先生)
俺『ヒャィァァ!!』(奇声を上げて人形を先生の方に高速移動)
美人先生、一瞬ビクッとなり数秒コールド。しばらくして動き出すと
美人先生『あー鳥肌たったわ…』(鳥肌をマジマジと見せつける)

萌えた。

その後もデッサン人形にハサミを持たせようとすると『だめっ』されたり人差し指で背中をツンツンされたりしました。背中ツンツンは前からたまにやられるんですよね。セクハラ?うれしいなあ。

いや~俺マゾだから背中とかツンツンされるとマジ感じちゃうんですけど。もっとやってください先生。




以下自分用メモ(今日習った事)
やっぱり思い切りが足らない感じ。もっとガシガシと黒くしよう

2005年 06月 02日

本日のデッサン教室14回目


本日のモチーフはドナルドダック人形(【C】ウォルトディズニー)とバスケットボール。
人形は黒い犬の人形と選択性でしたが、なんとなくドナルドをチョイス。

今日も先生方に上手くなったねーと褒められましたーわーいわーい


今日は、向かいの席に座った高校生(多分初対面、新規入隊希望者)が、今更になって受験デッサンを始めるとかどうとかいう話をしているのを盗み聞きしていました。"今更"というのは、受験デッサンというのは通常試験の1年以上前からやるのが普通で、今からデッサンしても試験までもう5ヶ月くらいしかないみたいです。

先生は絶望視。絶望的宣告。生徒絶望。いっそ専門行くとか言い出す始末。(もしかすると代々木アニメーション学院系)

つか、この人大学行って『漫画家』になりたいそうです。でも『漫画家になるにはどうすればいいんですか』とか『漫画家になるには何を描ければいいんでしょうか』とか、なんかもうどうしようもない質問をしていたので、かわいそうですが多分NEET辺りに落ち着くタイプだと思います。それくらい自分で考えろよ、と。

教室にくる漫画家志望の人とか見てて思うのは、みんな自分でどうにかしようとする気概がありませんね。すぐ他人に頼りたがる。人物画の描けない先生に無理を言って人物画を教えてもらい、漫画家になるといいつつ"漫画"を描かないで練習絵ばかり描いている。おいおい、何事もやらなきゃ上達しないんだぜ?ちゃんとしたストーリー漫画を描かなきゃ、アンソロ系4コマ作家にもなれないよ?池野カエルとかみたいになるかもよ?

ま、仮にこの教室で漫画に関して教えてもらえる事があるとすれば、単純なデッサン力くらいなもんだ。ほんとに漫画家なりたいなら漫画描けよ、漫画。つか漫画家なるなら大学なんか行く必要ないね。だって大学の漫画コースとかで漫画を教えてる"センセイ"は、現役を退いた爺様と漫画界で食い詰めて"消えていった漫画家"たちなんだぞ。果たしてそんな奴らに今更教わる事があるのか?全く無いね。(一刀両断)



等と軟弱者の学生たちに言いたい放題言ってやっ…れたらいいな~、と思いながら美人先生の髪の毛の匂いを嗅ぎまくる日々。お父さんお母さん、僕は元気です。



以下自分用メモ(今日習った事)
モチーフを単純な形で捉え、同じ面の陰影の調子を統一しましょう。例えばドナルドのクチバシ右~右目にかけてなど、同じ面なので同じような影にするよう意識しましょう。

全体的に色の濃淡が同じような感じになるクセがある。暗いところは黒く、少し強調してそれっぽくでっち上げましょう。

2005年 05月 26日

本日のデッサン教室13回目


前回に引き続きハコ&木の枝です。完成でーす。



比較でーす

先生の指摘に従い、黒いところは思い切って黒くしました。
あとハコもボスの指摘によりちょっと修正。
ボスに上手くなったねーと褒められました。わーいわーい


今日は、また普段描いてる絵を見てもらいました。ええ、なんかエロマンガの模写とかもあったけどもはやそんな事はどうでもいいです。




びほー(3月13日)



デッサン教室(2ヶ月)




あふたー(5月25日)

どうですか!!デッサン効果でここまで上手くなりましたよ!!
もちろん常日頃の絶え間ない努力があってこそですが!!


そんな感じでした。


あとは、ボスから食玩をいくつかもらいました。



プラスチックケースにいっぱい食玩が詰め込まれており、なんだこれはと思って見ていると増えすぎたのでほしい人にあげたいとのこと。気に入ったものをいくつかもらってきました。

そのときの会話
『へーいっぱい集めてるんですねー』
『いや集めてへんよ』
『あ、またこれ渋いの集めてますねー』
『集めてへんよ!』

ははは、この食玩オタクめ

この他にフナムシみたいなキモち悪いヤツもあって、それを美人先生に『ハイこれ』とか言って手渡して脅かしたり、反撃で筆箱に仕込み返されたりして色々と戯れあいました。やべぇー胸キュンだよ。フラグが身を成してきたよ。きたよこれ。波がきてる。



次回予告

追放者の祭閉鎖の危機!?
しゃどさんがついにあの巨大資本と対峙する!!

(C)ウォルトディズニー

2005年 05月 19日

本日のデッサン教室12回目の巻



本日のモチーフは木の枝とダンボールの箱。
まだ未完成なので次回に続きます。
ついにモチーフ一撃必殺が破られてしまった!

今日は美人先生の髪型がいつもと違ってました



(before)でも多分アホ毛は生えて無かったと思います





(after)髪の毛が増えてるのは仕様です



『ふだん髪の毛括ってるけどたまに外してノーマルロングになったりするの萌え属性』のある俺ですから、萌えー!萌えー!て脳内で叫びまくってたのが顔に出ていないか心配でなりません。


以前書いた、爆笑問題の天才発掘とかいうのに番組に応募した生徒さんは落選しちゃったみたいです。落選とは関係無いですがフジTVから作品が帰ってきていました。

ちなみに俺は、子供の描いた絵なんてのは嫌いです。
理由は単に、"ヘタクソ"だからです。

普通にヘタクソなのに、玄人ぶった仕事もしねーで一年中落書きばっかしてるようなオッサンが「子供たちの自由な発想が~元気な絵が~」とか文句垂れて評価してんですよ。馬鹿かお前?どうみてもそこら辺の予備校生のほうが上手いだろ。ブサイクでも子供なら神呼ばわりされる所はまるでエロ動画だな。このロリコンどもが!!何が芸術だよ。いつまでも遊んでないで少しは日本のGDPに貢献したらどうなんだ?


ま、絵が好きな子供は好きですけどね。絵師の卵ですよ。夢が広がりますよね。今すぐにでもエヴァンゲリオンとか見せて歪んだ精神を植えつけてやりたいですね。


あ、そういえば帰り道に"赤い人"が演説をしていました。
憲法9条ばんざーいとかそういう感じだったのですが、彼は演説の中で、憲法の義務規定は国・政治家・官僚に課せられるもので、国民に課せられるものではなく、自民党の憲法改正案はその義務を国民に押し付けるものだ、と主張していました。

きっと国防の義務とかそういう類の事を指しているのだと思いますが、国民の義務ならもうあったような気がしますよ旦那。

例えばほら、国民の三大義務とかいう。たしか小学校で習いましたよ。

・納税
・労働
・教育

やべえな俺、納税くらいしかできてねぇ…というのはさて置き、赤い人は、大阪の民衆がこんな常識も知らないと思ってるんでしょうかね?じゃなかったらフツー『国民に義務は一切ない』みたいな事言いませんよね?5秒で嘘がバレる事に気づきますよね?それとも彼だけ学校で習わなかったのかな。

まぁ、三つとも"できてない"から21世紀になってまだ赤なんかやってるんでしょうけど。

2005年 05月 12日

本日のデッサン教室11回目の巻


今日のモチーフはレンガと巨大な発泡スチロール。
何気にレンガには鳥のウンコが付着していました。

今日は普段に比べ先生の作監修正が入りまくりました。
やっぱ形のはっきりした物はむずかしいです。


向かいの席に座ってる生徒さん(大人・腐女子臭い女性)が、『扉をこじ開けてる絵』を"想像で"描いてました。いわゆる自作絵というやつです。美人先生にアドバイスを受けながらね。まぁこの時点でおかしいですよね。美人先生は立派な絵師ですけど、オタク趣味は皆無です。想像で描くアニメ絵なんてぜんぜん描かない美術畑の人ですよ。あまりにも無謀。


で、その女の人の描いてた絵ってのが、こんな感じの絵でした

(↑うろ覚えによる再現映像↑)

一生懸命、足を使ってまでドアを引っ張ってこじ開けようとしていますが、その足がドアそのものを押しており、体重もドアに向かって掛かっているため、引いた分だけドアを押しています。たまにカートゥーンのキャラとかでこういうやつ居ますよね。これではドアノブが壊れるだけです。

恐ろしいことに美人先生もボスも何一つその矛盾点に気づかず、あれやこれやと講義中。お前らマジか。まぁ、世の中そんなもんだよね。仕方ないか。

最終的に、我慢しきれず横から指摘してしまいました。
『足がドアに~それに重心が~あと肩の筋肉が~骨が~』

いいですか?この機に乗じてうんちくを語りますよ?

この人の絵を色々と見て思うのは、『やりたい事』を感じないところですね。「○○してる人」とか「○○な人」を描きたいんじゃなくて、「色んなものを描けるようにならなければ」という理想の将来だけを求めて、「色々なものが描ける人」を目指している感じでした。違うんです。違うんですよぉ。そんなあいまいなビジョンで自作絵を描いたって良い自作絵にはなりませんよ!ひとつひとつ『描きたいもの』を描いているうちに、結果として「色々なものを描ける人」になれるんですよぉ。もっと目的意識をはっきり持って描かないと、いつまでも練習絵ばっかりで立派な絵師にはなれませんよ!


…こんな哲学臭いことを語ろうかとも思いましたが、
今は亡きキチガイ先生の二の舞になるのは勘弁なのでぐっと我慢。

まぁ、この人は絵自体は奇麗にまとまっており、きっと基礎画力は俺なんかより上だと思います。でも、物理法則や人体構造への配慮が欠けているため、結果として魅力の無いへたっぴな絵になっている感じでした。


どうもその生徒さんは、いつか漫画家になりたいそうです。それで漫画絵の練習をしているよう。教室では最初デッサンを習っていたものの、途中から人物画を習い始めたとか。まぁ何が怖いって、ボスや美人先生が『あたしら専門外やからね~』とか言いながらかなり適当に教えてるところでしょうか。いや、二人にとっては最善を尽くしてるようですが…

もしかしたら、自作絵の分野では教室で俺が一番上手いのかもしれん。


あとひとつ分かった事なんですが、どうやらボス先生は漫画家やアニメーターのことを、"頭の中に入ってるポーズだけを思い出して絵を描く仕事の人"だと思っているようです。ようするにネット上で言うところの、"ハンコ絵師"ってヤツです。限られたポーズしか描けない下手な人。例えば俺とか。

ボスは、漫画家やアニメーターなど、"アニメ絵"を描く人はみ~~んなハンコ絵師だと思っているようでした。

う~ん、違うんだよねぇ。ハンコじゃないよねぇ。ハンコじゃないの。上手い人はみんなその都度想像で描いてるんだよ~ちゃんと想像して描かなきゃヘタレの一線を越えられないのよ~って言いたくなりましたが、ボスはアニメ絵をぜんぜん理解していないどころか「みんな同じ顔じゃない」等と見下している感があり、説得は困難だと判断。「触らぬ神に祟りなし」モード発動。




以下自分用メモ(今日ならったこと)
モチーフをおおまかに捉えられるのはいい事ですが、色の境目をもう少しはっきりさせましょう。

2005年 05月 11日

本日のデッサン教室10回目の巻


本日のモチーフはコピー用紙2枚で作った
た…
た…
…高床式…住居…
これでもうネズミに穀物を荒らされる心配はありま(略)

美人先生にね、「なんか面白いの作ってやー」っていわれたんでね。
妙に期待されててね。もうね。
必死。
必死ですよ。
即死。



今日は水曜日ですが、先週の木曜日の分の授業を受けてきました。明日も行きます。二日連続!死ぬ!!

今日はボスにも色々教えてもらえました。相変わらず情け容赦ありません!でもためになるぜ!!

いやあ、やっぱり、教える人が違うと同じ事言ってても別の視点からのアプローチなので、美人先生が普段何を伝えたかったのか、より深く多角的に理解できるものだなあと思いました。きっとこれがせかんどおぴにおんとかいうやつです。



そういやなんか、今日教室にベンチャー企業か何かの社長さんが部下を連れて来てました。
あのおっさん、なにやら新しい金儲けをたくらんでいたようです。
なにやらいろいろ、うちのボスと相談していました。

ボスとの会話を盗み聞きしてみたところ、どうやら画家の卵たる受験生(高校生)や美大生を低賃金で雇い、社長一味が探してきた客の肖像画の類を描かせて大もうけ!という作戦だったようです。


そのときの面白かった会話

社長「今はまだそういう市場が成り立つのかマーケティングの段階でして、デッサンなどで立体の知識がある受験生の人たちにバイト感覚で肖像画を」

ボス「高校生ははっきり言って戦力にならないと思いますよ」

社長「マーケティングが…市場開拓が…」

ボス「仮に私たち画家を雇ったとして、例えば油絵で5日間拘束されるとして日当1万円、最低でも5万円はいただく事になると思います」

社長「ぶつぶつ…ぶつぶつ…」



もうね、ボスね。怖いですよボス。社長が虫けらのような扱いですよ。まぁ、社長サンも絵描きに夢持ちすぎでしたけどね。リアルタッチの人物画なんて、どんな絵師でも描けないヤツには絶対描けないね。メカや背景と同じで、専門の訓練と熱意が必要です。絵を描かない社長サンにはそれがよく分からなかったようでした。





以下個人用メモ(今日習った事)

エンピツを往復させるのはやめましょう。色を乗せるときは1方向に向かって描くのが原則。描いて、浮かせて戻して、描いて、浮かせて戻して、を繰り返すこと。

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 12 | 13 | 14 | 15 | Next»