Since 07/1/2002

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 13 | 14 | 15 |

2005年 03月 12日

デッサン教室3回目補足

美人先生に『今度は普段家で描いてる絵も見せてほしい』といわれました。

普段描いてる絵か。





油圧式のオナホとか




ウンコとか

ウンコとか






エロ写真の模写とか






このままじゃ何か別の、
例えば死亡フラグみたいなのが立っちまうな…







以下自分用メモ(習ったこと)

目のピントをぼかして陰影の大まかな印象を捉え、絵の上でもそれをできるだけ再現する

木目など細かな模様にもそれぞれに大きさがある。太い木目、細い木目。その微妙な違いを観察して描く

模様を書き込むとどうしてもそこが浮き出たようになってしまうので、その場合上から薄いエンピツで色を被せるようにすると上手く馴染ませることができる。

先生の今日のお昼は多分コンビニ弁当

2005年 03月 11日

デッサン教室3回目



今日のモチーフは軽く1リットルは入りそうな巨大マス。
風呂ガマで米でも炊くのか…?

"組み木"の歯の数が実物より1個か2個多いのは先生には秘密。



本日も自分ではあまり面白いとは思えなかったポツリとした一言(関西地方でよくある唐突な日常漫才)が複数の先生方にオオウケ。

もしかして俺はものすごく面白い事が言える人なのか?あるいは、ただ単に嘲笑されているだけなのか?それとも、先生たちはデッサンのやりすぎで精神に何らかの支障をきたし、躁うつ病の躁病になっているのか?有名な芸術家ってキチガイ多いらしいし、少々ありえる話だが…。



話は代わりまして

実は美人先生以外に若い女の先生がもう一人居る事がわかったんですが、その人がちょっとヘン。机に置かれた有名な芸術家が描いたらしいデッサン作品のコピーに俺が興味を示し、立ったままじ~っと見ているとどこからか颯爽と登場して 『はい、どうぞ!』 拾って手渡してくれました。

そして俺が 『わぁ。なんか写真より迫力ありますねぇ』 等とこんな事もあろうかとあらかじめ用意しておいた点取りキーワードを発すると突然大興奮。 『でしょ!ですよね!すごく迫力があって、ほらなんていうかすごく暖かいんですよね!!いいですよね~!!』 等といきなり超ハイテンション。



俺の心境



大丈夫かこの女…

異様な空気に先行きが心配だ。いくら簡単にウケが取れるからといい気になって飛ばしてたらあとで酷いことになったりしないだろうか…。



ちなみに俺の指導担当は完全に美人先生になったみたいでした。
やはりフラグか。よしよし。セーブセーブ。あー、Hシーンまだかなぁ。

2005年 03月 05日

デッサン教室2回目の巻


デッサン教室にいってきました。
これでもう画学生を自称しても詐称じゃないんですね
ぼくはもうニートじゃないんですね

今回のモチーフは、茶色い四角形のつつ。
いったい何に使う物なのかは不明。

今日はずっと美人先生が教えてくれました。デッサンについて色々と教えてもらい、それを基に一人でこつこつデッサン、時々先生が見にきてアドバイスしてくれる感じです。早く性のアドバイスも受けたいです。

途中どうしても形が崩れてしまい、苦し紛れに『先生、大変です!次元の歪みを観測しました!!』などと小粋なギャグを披露するとこれが先生にオオウケ。



フラグか。


画材担いでの通勤がちょっと疲れますけど、次の授業も楽しみですね


以下自分用メモ(習ったこと)

棒を使ってしっかり比率を図る。

下に敷いた画用紙の"白"にたいしてモチーフはどれくらい色が濃いか?よく比較してを色合い決める

画用紙のつるつるした方が裏、ぼこぼこしたほうが表

先生の昼食はイタリアンかな?口臭が…

2005年 02月 28日

デッサン教室いってきたよーの巻

先週の木曜日にデッサン教室の無料体験講座にいってきました。デッサン教室通いで画力アップ!そして脱NEETだぜ!



地下鉄で4駅、乗り換えてさらに1駅。家から30分ほどで絵画教室が開かれている某文化センターにたどり着きました。この教室はデッサンも水彩も油絵も受験ノウハウも広く教えているらしいです。




でけぇ…まるで美術大学だ。こんなところで授業が受けられるだなんて…将来有望…でもあれ?なんかおかしいぞ?

建物の名前がサイトに載ってたのと違う…ぞ?
よし、電話で先生に聞いてみるか。



『あ、違いますー。その大きくて綺麗な建物の隣がうちの教室がある建物ですー』






綺麗な







建物の







隣?









墓場?



いや、違いました。どうやらこの墓場に隣接する仮設住宅建物が、絵画教室が開かれる文化センターの"別館"で、このさらにもう一個向こう側が本館。そこに教室があるようです。




ありました。周囲は360度鉄柵で覆われ、頭上には高速道路が走り日はささず…なんか刑務所みたいだな…。

と、ここまできたところで男の先生に見つかってしまい(?)ささっと教室に招かれてしまったので施設外観の写真が撮れませんでした。


どうやらこの教室は、若い男の先生、若い女の先生(美人)、中年の女の先生(ボス)の3人でやっているようでした。部屋にはお年寄りがわいわいがやがや10数人、俺と同世代の若者二人。あとはケバいおねーちゃんが一人だけで油絵描いてました。なかなかアットホームでほんわかした感じですね。気に入りました。

若者二人は受験生のようですね。一人はデッサン、もう一人は美術大学の建築科志望なのか、変なおまるみたいなイラストを描いて、現代人の生活に取り入るだのどうだのと小論文を書いて先生に添削してもらっていました。

ぶっちゃけ、こんな落書きでアートぶってるヤツは死ねばいいのにと素で思いました。


また、住所氏名年齢希望する講座を紙に書いて渡すと、「受験ですか?」なんて聞かれましたが、『いえプーです。後々のためにデッサンを学びにきました』などとすんなり答えたら少しだけびびられてました。絵画教室にヒッキーが来るのって珍しいの?

で、デッサン講座をうけて描いたのがこれです




鉛筆を掲げて角度を測るだのなんだの、アホみたいな本格デッサンを始めてやりました。"デッサンのやり方"を学ぶためのデッサンなので、細部の観察は無しで"面の色"で立方体を表現する事だけを考えるよういわれましたのでそう描きました。なかなかかっこよく描けたと思います。でもなんか今見るとちょっと曲がってますね。まぁよしとするか。

つーかデッサン面白いね。ハマるわこれは。今週もいくぜ!

これでがんばって絵をうまくして、いつか神絵師とかよばれてみてえなあ。



おまけ



周辺の治安は最悪です。

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 13 | 14 | 15 |