Since 07/1/2002

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 13 | 14 | 15 | Next»

2007年 05月 10日

本日のデッサン教室101回目(デッサンやってないけどね編)


クリックで拡大

@作品解説
本日のモチーフは教室に置いてあった
謎の水槽、作り物の草、石。
画材は透明水彩で、授業1回で完成でーす。

@反省点
水槽のハイライトが消え気味。もう少し綺麗に塗り分けたい。
さらには、落とせるとこはもう少し落としたい。
てーか重ね塗りしすぎてくすんじゃった気がする。
やっぱ透明水彩は一撃必殺ダスな。(唐突にライトットの真似)

@描いてみての感想
今回、以前失敗した石と、これまた草っぽくなかったような
気がしてた草を描いてみました。
まー一週間のブランクを思えばいい感じに描けました。

@雑談コーナー
怪しいアニメオタク系お兄さんが持ってきてくれてたお菓子
小かくばらばらに梱包された「とうふカットケーキ」。
てっきり豆腐を模したケーキだと思ってわくわくしてたんですけど
開けたら普通のカステラっぽいの出てきてどうしようかと思いました。
味はカステラ+チーズケーキでした。

2007年 04月 26日

本日のデッサン教室100回目(デッサンやってないけどね編)


クリックで拡大


クリックで拡大(おまけの線画バージョン)


@作品解説
本日のモチーフは教室に置いてあった
カレイ?、いわし?のミイラ、ササではなく観葉植物の葉、石2個。
画材は透明水彩で、授業1回で完成でーす。

@反省点
石がちょっと脱力気味です。
ミイラで力尽きました。

@描いてみての感想
全体的には中々上手くいったと思います。
非業の死を遂げたミイラたちの苦悶の表情がよく描けました。

@雑談コーナー
最近、エロ本(裸婦ポーズ集)がキッチンに移動したので読みやすくなりました。

それはさておき記念すべき100回目です。
思い返せば懐かしいあの日。
最初のデッサンからここまでだいたい2年ですね。
できたら200回目まで、最悪でも300回目くらいまでには
プロになって絵画教室を卒業したいものです。

ふと思ったんですけど、これ100回目じゃないかもしれません。
何しろ前回の数字+1を繰り返して回数を増やしてきたので
多少誤差が出る可能性は十分にあります。
だとすれば記念パーティ(脳内)に駆けつけた(脳内)
ファンの女の子達(脳内)には悪い事しちゃったな。(脳内)

2007年 04月 19日

本日のデッサン教室99目(デッサンやってないけどね編)


クリックで拡大

線画コーナーは毎回忘れるのでもう無かった事にします!
覚えてた時だけ撮ります。
そしてサインの日付間違えた。12日になってる。
2006年を回避して油断したらコレ。慣れない事はするもんじゃない。

@作品解説
本日のモチーフは教室に置いてあった
花、草in試験管、和風なカゴ。
画材は透明水彩で、授業1回で完成でーす。

@反省点
何より和風なカゴでしょうか。
編み方が難しかったので適当に誤魔化しました。
ちゃんとまじめに描けたほうがいいですが、一生無理な気すらします。

@書いてみての感想
試験管周辺がマジCOOLに描けたと思います。

@雑談コーナー
今日は例の学校の先生だと思ってた子連れのおばさんが
実は占い師だったという驚愕の新事実が発覚しました。
何がどうして学校の先生に転じたのかよくわかりませんが
本職が占い師だっていうのもよく分からん話です。
今日はその人、隣の人に風水について熱く語ってました。
風水を信じきってて、心酔してて、言動がちょっと怖かったです。
あとその人のお子さんが進研ゼミやってたんですけど
問題をぶつぶつと音読するもんだから気が散って気が散って。何かの呪文かと。
親注意しないし…。ていうか、教室に子供連れてきてて
半ば先生に子守させてるのがそもそもおかしいんですけどw
まぁもう、あの親子の存在は教室の風物詩のようになりつつあります。
その子は基本的には良い子ですし、占い師さんも根は悪い人じゃないんですが
ちょっと図々しいというか非常識なところがありますね。

あ、そういや例の怪しい元アニメーターお兄さんがデッサンやってました。
今度から金曜にも来てデッサンやるそうです。偉いですね~。
いつもデッサン力不足っぽい事で悩んでらしたので非常によい決断だと思います。
やっぱしデッサンはしっかりやるべきだよね。
俺はもうゴメンだが!

2007年 04月 12日

本日のデッサン教室98目(デッサンやってないけどね編)


クリックで拡大

線画は写真忘れたので無しです。

@作品解説
本日のモチーフは教室に置いてあった
たけのこ、なすび、茶色いビン。
画材は透明水彩で、授業1回で完成でーす。

@反省点
もうちょいナスビ、ジューシーな感じにできないかな~。
そのためには、重ね塗り避けて1筆で描き終わるくらいじゃないとだめか。
タケノコはまぁ実物と結構違うんですけど
おいしそうなのでOK。

@書いてみての感想
今日はまぁまぁ上手い事いきました。ビンは相変わらず得意です。
最近はハイライトを残して色を塗るという器用な事がさらさらっと
できるようになってきて、水彩とても楽です。
やっぱ慣れればあんま時間かかりませんね。


@雑談コーナー
今日も本店教室の会館が葬式のため使えなかったので
また人がいっぱいでにぎやかな感じでした。
隣に座ってたおじいさんが一日6時間描いてるとかで
その元気をオラにわけてくれって感じでしたね。
きっと晩年のゴッホやニーチェのように梅毒に脳をやられて
創作意欲を司る部分がおかしなことになっているに違いありません。

64歳から描き始めて2年だそうなんですが、それにしてはかなり上手かったです。
やっぱりいっぱい描くってのは大事ですね~。
俺なんてせいぜい、一日平均2時間弱くらいしか描いてないと思います。
まーCGの塗りやる日は3、4時間くらいいくんですけどねぇ。
ってそれでもあのおじいさんの半分か。

マンガやゲーム等の遊びも芸の肥やしになるのかしら。
もしそうならおれ、まじ最強だぜ。

2007年 04月 05日

本日のデッサン教室97目(デッサンやってないけどね編)


クリックで拡大

線画は写真忘れたので無しです。

@作品解説
本日のモチーフは教室に置いてあった
ジャガイモ、ゴム風船x2
画材は透明水彩で、授業7割りくらいで完成でーす。

@反省点
最近自覚してきたんですが、絵の具の赤が苦手です。
さらに全体的になんとなく物足りない感じ。なんか物足りないわん。
もうちょっと、風船とかツルンと描けたらいいかも。
絵の具が少ないのか水が少ないのか、ガサガサだ。

@書いてみての感想
今日はやたら早くできました。2時間くらい?
残りの1時間はボケっとしてました。婆さん待ちです。
けどその婆さんも喋ってばっかであんま絵描いてませんでした。
次からは一人で帰ろうか…。


@雑談コーナー
ある時、例の油絵描いてる子持ちのおばさんが
なんとなく体引っ付けてきた感じがしてマジで怖かったです。
多分油絵用エプロンのはじが接触してただけです。そうであって欲しい。

2007年 03月 22日

本日のデッサン教室96目(デッサンやってないけどね編)


クリックで拡大



おまけの線画バージョン(クリックで拡大)


○作品解説
本日のモチーフは教室に置いてあった
カチカチのパン、前回より少し薄い青色のビン、つや消しビー球。
画材は透明水彩で、授業1回で完成でーす。

○反省点
ビンの口のデッサンが崩れてるな~。
こういう場所の塗りはもっと慎重にやろう。
あと、今日は線画の調子が上がらず
線画だけで1時間もかかってしまいました。
いつもは20分か30分くらいで終わるんですけどね。


○書いてみての感想
一方色塗りは何かに覚醒したのか
水彩っぽく思い切った塗りができたと思います。
そのため時間的にもあっさり終わりました。おお、一石二鳥。
敵の弱点を見極め、一閃の下に葬り去る…
やった事ありませんが居あいぬきとかに近いものを感じます。


@雑談
エー…
ここ数日、ですね。

なんか部屋が生臭かったんですよね。
ゴミ箱かな?
布団カバーかな?
ベッドの下に猫のウンコ無いかな?
クローゼットで猫死んでない?
全部違いました。

昨日、原因が判明しました。

先週の絵画教室で…
おばあちゃんに「金目鯛」もらったんですけど
それすっかり忘れちゃってて。

カバンの中でホムンクルスの出来損ない
今まさしく練成されようとしていたのです…!

とにかくすげぇ異臭でした。
あれは何かの嫌がらせに使えると思います。

で、ポリエステルのカバンはまだ大丈夫なんですが
人工皮っぽい筆箱に匂いがついて取れません。
これは流石に捨てるしかないです。

ああほんと、いつも食べ物をカバンに入れたまま忘れる。
まるでシマリスだわ。

2007年 03月 15日

本日のデッサン教室95目(デッサンやってないけどね編)


クリックで拡大

おまけの線画バージョン…は
写真撮り忘れたので今日はありません。残念!


○作品解説
本日のモチーフは教室に置いてあった
豚の貯金箱、お馴染み青いガラス瓶、おまけで俺のポケットマネー。
画材は透明水彩で、授業1回で完成でーす。

○反省点
線画の時点で諦めてたんですが、もう少しコインをどうにか
努力すべきだった。細かくてややこしいのは理解できるが!
ビンのほうも、もっと深みのある色使いにしたかったけど
絵の具の使い方がよくわからず断念した感じです。

○書いてみての感想
豚さんはいい感じだと思います。
実際はもっと地面の照り返しで顔が怖かったんですが
アニメキャラの顔描くつもりで陰影弱くのっぺりさせて毒抜きしました。
豚さんでやっと、透明水彩らしい絵が描けたかな、という感じです。


@雑談
今日は本店教室が葬式か何かで使えなかったため、
あっちの人もこっちの教室に来ててとてもにぎやかでした。

俺はデッサンやってた頃はほとんどあっちの
お年寄りがわいわい雑談してる中でやってたんで
こういう雰囲気も好きなんですが、ここ1年ほどで来られるようになった
新しい人たちは落ち着かなかったみたいですね。

そういや最近ピタットハウスのCMソング(過去ログ参照)も
気にならなくなってきたし
人間の適応力とはたくましいものです。

それはさておき、今日行き道、自転車乗ってたんですけど
なんか前輪がカタカタ鳴るんで蹴り飛ばして直そうと思って
ガッ!って蹴りいれたんですよ。

そしたらそのまま車輪に足巻き込まれちゃって。

自転車急停止、その場で横転です。
咄嗟の判断で受身を取ったため大事には至りませんでしたが
あと20cmずれていたらガードレールに頭もってかれてた可能性が。
危ないところだった…!!!

でも自転車は前輪ゆがんじゃって中破。
みなさんも自転車の前輪に蹴りを入れるのだけは止めましょう。大変危険です。
てか、前にも後輪にカサ挟んじゃって中破させちゃったような気がする。
自転車の車輪には物を巻き込んで地獄へ道連れにする神秘の性質があるみたいだ。

2007年 03月 09日

本日のデッサン教室94目(デッサンやってないけどね編)


クリックで拡大



おまけの線画バージョン。(クリックで拡大)


○作品解説
本日のモチーフは教室に置いてあった
そらまめとプチトマトと…しめじ?
画材は透明水彩で、授業1回で完成でーす。

○反省点
プチトマトがプチリンゴにしか見えない。
でも、苦手なリンゴを上手く描けたという意味では快挙w
あと全体的にもう少し、透明水彩らしい肩の力を抜いた
描き方ができたらいいかな、と思います。
今回は不透明水彩の描き方でやっちゃった感じがします。

○書いてみての感想
先週お花強化月間などと豪語したばかりですが
教室にいったら先週のカーネーションがピンピンしてやがったので
戦意喪失。早くも1回休み。

そして今回、透明水彩の絵の具を買ってきました。
今までのは不透明水彩(ガッシュ)というやつで、ちょっと
油絵的な性格をもっている透明水彩の親戚のようなやつを使っていました。
それぞれの特徴を簡潔に言うと…

@不透明水彩
ある程度の重ね塗りが出来るが、そのために透明感が無い

@透明水彩
透明感があるが、重ね塗りをすると裏が透けてしまう。(強みであり弱み)

どちらかといえば修正の効く不透明水彩や油絵が初心者向け
逆に透明水彩は一発で何色のせればいいか分かる玄人向けです。
しかし、先生曰く初心者の人の多くは透明水彩をやりたがるそうです。

アナログ透明水彩を練習して、ゆくゆくは
ペインターの「水彩っぽい塗り」を身に着けたいです。
今の俺の塗り方はフォトショでやったほうが
多分早いような気がするギャルゲ塗りしかできてません。
いつも思うんですけど、ペインターはやはり画材シミュレーター
アナログ画材実物の経験が無いと使いこなせませんね。

@雑談
例のオタク系油絵お兄さんが今日も来てて
数少ない同類っぽい人の登場に嬉しくなって、満面の笑顔で挨拶。
ちょっと危ない感じ。

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 13 | 14 | 15 | Next»