2006年 03月 18日

[動画] ボールを跳ねさせてみる



なかなかの跳ねっぷりだ。

形の変化(現実にはありえないウソ)というのをやってみました。落下直前にボールは縦に長くなり、落下の瞬間横に潰れる、という感じです。これこそ手書きモノの真骨頂だぜ。この形の変化は一枚絵やマンガにも応用できるな。ただしこれをやるとどんな物もゴム製っぽく見えてしまう諸刃の剣らしい。


アニメーターズサバイバルキットを買いました。最初からこいつを買ってくるつもりでしたが、本屋で立ち読みしてみてもアニメーター教本の中で一番実践的だったのはこれでした。ぱっと見たほかの和書はカットを並べるばかりで、アニメ原理の説明が少ないように感じました。逆にこの本は完成品のカットは少なくて原理の説明に軸足がある。本当に大切な情報が載ってる本という感じがしました。ディズニー風のぬるぬるアニメから、ワーナーブラザーズ系のビュンビュン動く日本アニメに近いようなものまで、アニメの技法や心得がぎっしりつまっています。多分この本に書いてある内容は俺のやりたいアニメに十分応用可能なはず。って、まだ本格的なものをやるかどうかわかりませんけどね。

ちなみに著者はロジャー・ラビットのアニメーション監督もつとめた大御所、リチャードウィリアムズさん。

この本、なんといっても文章がユーモラスで面白く、絵描きとしてもためになる事がいっぱい書いてある。特に一番最初の(まだほとんどここしか読んでないけど)海外アニメの歴史の項目は、アニメやらない人でも一見の価値あり。他に過去の巨匠の話やアニメ製作小話など、読み物としても楽しかったです。おすすめ。

Posted by syado at 12:56 AM | from category: 手書きアニメ
喜びの声
コメントが全くありません
※改行が多すぎたり、httpから始まるURLなどがあるとブロックされる場合があります。
 長文を投稿する際には予めバックアップをとられた方がよいと思います。
 なお、スパム対策により連続してのコメントもブロックされます。
 コメントできない時には2分ほど時間をあけてみてください。