Since 07/1/2002

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 173 | 174 | 175 | Next»

2015年 03月 05日

[イラスト] 天使の自画撮り



ただしキメ角度に限る。

イラストなんて何年ぶりの更新でしょうか?
最近、漫画絵ではない一枚絵のイラストを練習してます。
1枚の絵に、テーマとなる情報を込めるのです。

前回更新の時をかけるテレホン記念イラストでは
1.主人公二人のレズ寸前の距離感
2.テレホンカードを額縁にする
3.網点トーンでアメリカンポップアートみたいにして漫画作品である事を示す
という3つのテーマを表現する事を意識しました。

今回のイラストでは
1.キメ角度で撮影すると天使のように見える女の子
2.でも別の側面は悪魔的、魔界の住人であり、天使の姿はみせかけ
3.やっぱり網点トーンで主に漫画を描いてる作者の絵であることを示す
という3つのテーマを表現しました。

実は、時間をかけて構図やモチーフを選び、1枚のイラストで
何かのテーマを表現するという創作活動はあまり経験がありません。
そもそも昔の僕は絵心っていうのが無くて苦しんでいて、それがちょっと身についてきたら
主に漫画を描くようになったので、「イラスト」、絵画作品っていうのは
ほとんどやってなかった分野という感じです。

このように自由なイラストを描くというのは
昔やろうとして挫折したことだったので
漫画で鍛えた画力を用いて改めて挑戦すると
強くてニューゲームして生まれ変わったようで楽しかったですし
頭の体操としてたいへん勉強になりました。
このようなチャージショット的な1枚絵的技法を漫画の中にも
1ページくらいは用意できたら作品のクオリティアップができそうなので
これから手が空いた時などたまにイラストの練習をしようと思います。

2015年 03月 03日

「時をかけるテレホン」がジャンプ+に掲載されました


ジャンプルーキーという漫画投稿サイトで
pixivでも公開していた「時をかけるテレホン」がブロンズルーキー賞を頂きまして
ジャンプ+にも掲載して頂きましたのでご報告します。
http://plus.shonenjump.com/rensai_detail.html?item_cd=SHSA_JP01PLUS00001072_57
内容は特にpixivと変わらないので…ようするにただの自慢です。ありがとうございました!

この作品はアイマス同人で色々あって精神的に追い詰められた結果
「アイマスなんか辞めたるわー!!死んだるわぼけー!!!」
みたいな怒りと絶望をぶち込んで
精神疾患をカミングアウトして自爆する気分で描き上げた作品なのですが、やはり
人生と引き換えに描かれたというか、
魂と怨念の込められた作品には(それなりとはいえ)神が宿るのでしょうか。

テレホン以前は二次創作的なノリを引きずってしまう悪い癖があったのですが
アイマスアレルギーとも言える精神状態になったため、二次創作依存が克服され
自分らしいと思えるオリジナル作品が描けるようになった、転換点の作品です。
とにかく嫌な思い出も無駄ではなかったのだな、と過去を肯定的に感じられる結果となり、嬉しいです。

もう27才なので、デビューできてよかったと思います。
しかし、別に、遅くはないと思うんですよね。
この作品を描いた時は25才でしたし、僕は16才で絵を描き始めて
漫画をかくようになったのは19才からです。

つまり、世の中の漫画家先生の大多数がそうであるように、
例えば6才から絵を描き始めて、9才から漫画を書いていれば
僕は15才でデビューしていたかもしれません。
この作品も15才が書いたのだとすれば、天才的ですねー

久しぶりにものすごくごきげんなエントリーを書きました。
では、機嫌よく、これからもがんばろうと思います。
ありがとうございました。

2015年 02月 07日

(短編漫画)「妄想」(10P)



こんなまじめな恋愛ネタで漫画を描くのは初めてではないでしょうか?
アラサー婚活喪女の幼虫みたいなJKを可愛く描けないかなーと思って書きました。
ようするに、人付き合いを順序立てて構築するのが苦手、ってことなんですが
そういう人間のダメな部分もJKならまだまだ成長の余地があるので可愛いものです。

続きを読むであとがきです

[ 続きを読む ]

2014年 12月 10日

(落書漫画) ミカエルQP10



2013年冬にネームだけ描いてボツってた漫画です。
絵は表紙詐欺なので心を無にして脳内補完してください。

あとがき

確か悪魔親父シリーズを描いてた前後に書いてた作品です。

ミカエルは後のマギハで、クロダはマークってかんじですね。
うろ覚えですがイケメンを主人公にした漫画を描いてみようと思って描いてた気がします。
ゴルゴ13かシティハンターみたいなイメージで…
ただ、物語のギミックがガンマニア向けみたいな感じになってて
イケメンを求めるであろう女性層と噛み合ってない気がします。

愛を広める人こそヒーローだ、というイメージは、
のちの妖護学級ハヴリダのルウナ先生に発展しました。

2014年 12月 09日

[コラム] 自分の持ちキャラについての色々

先日、ふと思い立って昔描いた原稿を古い順にいくつか読みました。
読んだのは「お父さんはlv1シリーズ」「派遣勇者」「遺跡の番人
タイムスリップワクチン」など2007-2010ごろの作品です。
この作品群は右も左もわからずとにかく手探りで書いていたので、下手なんですが
初期になるほど技術や人目を気にせず、のびのびと好きに書けてていいなあと思いました。
そして結構キャラクター中心の漫画で、面白かった。シナリオ術などの余計な知識が無かったからでしょうか。
現在のぼくも見習いたいと思います。

そして、本題なのですが、この時点で
妖護学級ハヴリダにでてくる人物像がすでに揃ってた、という事に気づいて驚きました。

例をあげますと
「お父さんはLv1シリーズ」→ヒナコ(セルジュ) ひよこ(ルウナ先生)
「派遣勇者」→ウィル(マギハ) ヒイロ(セルジュ)
「遺跡の番人」→四角いロボ(マーク) 番人の少女(セルジュ)
「タイムスリップワクチン」→エレコ(ステラ)サイジ(マギハ)

まあ、こんな感じで、やっぱり、作者の中にあるキャラクター人格って
そんなにいくつも無くて、最初から変わらないのかもしれないと思いました。

ただひとつだけ、大きく変わっているのは、お父さんシリーズ。
当時はヒナコがボケで、ひよこがツッコミなんですよね。
ヒナコが非常識な貧乏ネタやお父さんネタで引っ掻き回して、常識人のひよこがツッコむ。
この二人、今だったらルウナ先生がボケてセルジュがツッコんでいる事のほうが多い。
無邪気にボケ倒していたヒナコちゃんが、いつのまにかギスギスしたツッコミキャラになってしまった…
そしてそれを補うようにひよこちゃんが天然ボケで聖人のようになっていった模様。

これには僕自身の挫折が関係しているように思えました。

[ 続きを読む ]

2014年 11月 24日

(創作漫画)「妖護学級ハヴリダ」03+04(トナメ版)



第三回裏サンデー投稿連載トーナメント(http://urasunday.com/tournament03/index.html)に出品した作品です。
トーナメント応援ありがとうございました!
決勝戦では10作品中8位…い、いや
予選まで含めて全200数作品中8位という快挙でした。
これも応援してくださった皆様のおかげです。
ご愛顧への感謝を込めて続きの4話を書きおろしましたので
是非ともご覧ください。

さて、突然ですが、反省会を始めます。
テーマは、なぜ「妖護学級ハヴリダ」は優勝できなかったのか…です。
わーパチパチパチ
まあ僕の画力だとか作話能力だとかテーマの問題とか
そういうのはしょうがない部分だからおいておくとして
工夫次第でもっとどうにかできたんじゃないか?という部分について
色々反省してみます。

明らかにダメだった部分としては、2話のほのぼの展開が優勝狙うには出力不足だったので
打って出ることにした起死回生の一手であるホルガー戦(3話)が失敗だったと思います。
どうせなら一発逆転を狙って&滑ってもU2で挽回したらいいや という気持ちだったのですが…
結果だけみたら、手堅い話をやればよかったなあと思いました。

シリアスやるにしても、ホルガー事件が解決して、スッキリするところまで話を進めるべきでした。
が、ページ数が足りなくて、大ピンチのところで終わってしまったのです。
古代遺跡の話で2話を丸ごと浪費し、それによる尺の消費は3話の前半にまで及んだのが痛かったですね。
1話、2話を3話にむけて、徐々に伏線を積み上げていくべきでした…
トナメを意識して第一話から構成してればもう少しくらい上に行けた気がして、それだけが悔やまれます。

ですので、これからトナメに参加する人に僕の遺言を聞いていただけるならば
1話は独立した起承転結でその作品のおおまかな魅力を伝え
2話は1話のパワーアップ版+3話の溜めになる話をやり
3話で大きな花火を打ち上げて盛り上げる。
4話以降のための伏線は尺が勿体無いなので、避ける。(拡張可能にはしておく)
というような3部作がいいのではないかな、と思いました…僕にも次があるならそうしたいです。

しかしまあ、初参加で決勝までいけたのだから、僕にしてはがんばれたと思いますので、
よしとします…ああでも…大好きなハヴリダで優勝したかった…
そしてアニメ化…ハリウッド映画化…ついでに
ハリーポッターのJKローリングにノベライズしてもらいたかった…

打ち切り前の漫画ってパワーダウンしますけど、今回それを身を持って実感しましたね…
3話はネーム描いてる途中からすでにビミョーな雰囲気ちゅーか…
なんか軸がブレてる気がしてて…あ…あ…あああああん!!!

3話でダメになっちゃう漫画ってのは、きっと1話の時点でダメなんです。
つーわけでリブートも決意したわけですが、それに伴い4話ダイジェスト版を書きました。

4話のダイジェスト版を書いていたらお別れが辛くて
昔飼ってた犬が死んだ時みたいな気持ちになって涙が溢れでましたけども
今生の別れというわけではありませんよね。
ハヴリダは大好きなので、いつか、きちんとした作品にしたいと思います。
岩明均先生のヒストリエだってデビュー前から構想してたらしいですよ。
つーか、これからっしょ!

以上で反省会を終わります。


ついでに近況報告&今後の活動について
今回のトナメで1回戦突破した人には裏サンデーの担当編集さんがついたのですが
守秘義務があるらしいので、そのへんの活動に関して詳しくは書けません。
全てはご想像にお任せします。
もしかしたら、pixivの更新などはしばらく滞るかもしれませんが
気長にお付き合いいただければと思います。

しゃど地蔵でした。

2014年 10月 11日

(創作漫画)「妖護学級ハヴリダ」02



第三回裏サンデー投稿連載トーナメントに出品した作品です。
pixivに上げてた落書き版をネーム修正して最後まで仕上げました。
なお、トーナメントは第9位で2回戦通過できたので、11月07日から始まる3回戦で続きを描けます。
通過は10位までだったのでまさに応援してくださった皆様のおかげです!ありがとうございました。
引き続きハヴリダをよろしくお願いします。

で、1回戦3位だったのに、今回は9位です。こ…これが全国レベルなのか…
「安定して面白い」という肯定的なご意見をたくさん頂きましたが、読者を感動させるには
至っていないなという感じでした。
それが2回戦後半の応援合戦で伸び悩んだ原因ではないか、と思います。最初の数日は調子よかったんです。
また、1話完結方式でやってみたんですが、それも「ヒキ」が弱いからよくなかったのかなぁ。

失敗の原因として考えられる要素は…
☆1話で評価された「人種差別問題ファンタジー」を一旦棚上げした(ので内容は普通のRPG)
☆ピクニックは短期決戦のトナメでやるような話ではない
☆キャラが馴れ合うには早すぎた

だいたいこの3つかもしれないですね。
キャラと世界観を好きになりすぎて間合いがわからなくなってるのかもしれないです。
読者を置いてけぼりにしないよう、今後は気をつけます。
3話と4話でキャラクターの内面掘り下げ系話をやるんですが
2話の展開を後回しにすりゃよかったとか思っても、後の祭りです!!
ちっきしょーーーー!

けど、がんばります!
ヘルクも2回戦苦戦して3回戦で爆発したし、勇者再来キタコレと思い込むことにしました。

あと明日10月12日は関西コミティアです。
8P漫画を短編集にしましたので、G-40にてよろしくお願いします。
昨日熱でてて、今日は下がってきたんですがもしまた悪化したら欠席するかもしれないです。
当日のツイッターなどを見ていただければと思います。

2014年 09月 27日

(お知らせ) 「妖護学級ハヴリダ」裏サンデー連載トナメの2回戦

20140927-senden.jpg

第三回裏サン投稿トーナメント2回戦「妖護学級ハヴリダ」公開中です。
(9/26~10/2まで)

裏サンデー | 妖護学級ハヴリダ | 第2話 http://urasunday.com/tournament03/comic/2006_2_3rd.html

今回は日常回というコンセプトで、ハヴリダの巡航形態として描いてみました。
ハヴリダたちと先生の絆を描いて、地固めです。
でも、学園の外へ出ちゃうのは、ちょっと早かったかなとも思いました。
ちなみに、いずれ作中で言及するつもりですが、魔法の呪文は集中とマナ消費低減を助けるものなので
緊急時等には無言で発動することも可能です。ただしその場合は威力と燃費が悪化する感じです。

3話で日常を破壊する話をやって、ドラマチックな形態に変形する予定です。
1話で世界を作り、2話で世界を広げ、3話で世界(お約束)が破壊される可能性を示す
というのは、まどか☆マギカの脚本の書き方に習ったものです。
ルウナ先生の頭がなくなったりはしないですけどね。
こういう日常回のあいまあいまに刺激的な話をやって…という風にローテーションさせる事を考えています。
恐らくマジックアイテムで8ページ短編でやってたスコシ・フシギ系の話も書けると思うので
ハヴリダというフォーマットはとても僕の作風に合っている気がします。
連載になったらいいですけど、ダメだったらU2でのんびりやっていけたらいいなあと思います。

ちなみに現在投票率は第五位で、一回戦はAブロック3位だったので
Bブロック組と合流した事を考えれば、悪くない成績だと思います。
が、欲が出てまた3位に入りたいなあとか思ってたのでちょっと残念でした。
第2回トーナメントではhelckが2回戦8位から3回戦3位へと大逆転して連載化したので
やっぱり大事なのは三回戦のようです。今描いている原稿をがんばります。

第三話も乞うご期待です。

※追記 Helckは3回戦2位でした。訂正します。

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 173 | 174 | 175 | Next»