「絵を描く脳」と「話を考える脳」

こんにちは、しゃど地蔵です。

本日は漫画家にとっての「絵」と「話」について僕が考えている事を述べてみようと思います。

たぶん漫画家というのは2種類おります。

A「絵が描ける漫画家」
B「話が書ける漫画家」

統計をとったわけではないので、僕の感覚的な話なんですけど、例えば上手な絵が描ける人ってpixivとかにはいっぱいいますし、上手なお話を作れる人も小説投稿サイトにはいっぱいいる。なのに「両方そこそこできる」ようなレベルの人って、それぞれの母数に比して少なくないですか?

漫画家というのは結局、両方やらざるを得ないわけですが…僕が知っているプロアマ問わず色んな漫画描きさんを分析してみると、どうやら「絵」が得意な人ほど話を考えるのが苦手らしく「ネームできない」とか言ってて、「話」が得意な人ほど絵が苦手で「描くのしんどい」とか言ってるなというのが僕の経験則です。才能x才能の単なるレア度の掛け算以上に影響があるような気がしてなりません。

どうやらこれには脳の器質的な問題が背景にあるのではないかという風に考えております。

仮説

脳のある部分で、話を考えること、絵を描くことは競合しており、どちらかに秀でた人はどちらかの能力を失うようにできているのではないか。

サヴァン症候群の超リアルな絵を描く子どもに言葉を教えたら絵が描けなくなったという逸話は有名ですよね。そんな感じで、才能のある人間は生まれつき「言語能力」(話を考える力)もしくは「空間把握能力」(絵を描く力)のどちらかを獲得し、もう片方を失っているのではないか、と僕は考えています。

「絵」と「話」は排他的な関係にあるため、漫画が書ける人の数は限られてくる。プロ作家レベルともなればなおさら脳は本来無理なことをしているわけです。

そう、漫画を描く人は、絵か話で苦手分野があることで思い悩まなくてもいいのです。それが医学的に普通なのです。※個人の感想です。科学的な検証はされておりません。

でも、結局どっちもやらなくちゃいけないんですよね…プロの世界には苦手な分野をごまかすテクニックが存在するようです。

苦手分野のごまかしかた

お話系の漫画家さんは、めちゃくちゃおもしろい話を書いてしまうというのが難しいけど一番の突破口ですよね。話が面白かったら絵なんてある程度どうでもよかったりする。読みやすくなるようカメラアングルを決めたりといった能力は話と無理なく両立できるようで、普通に得意な人もいる印象です。あとは、上手いアシスタントを雇って手伝ってもらう。絵にこだわりが薄い分、他人の絵に拒絶反応が少なく有利です。

上手い絵が描ける人は作画専門に回ったり、エロコメ、パニック物やバトル物にしたりして、あまり複雑なストーリーを考えないで済むように工夫しているようです。編集者にストーリー面でブレインになってもらったりしているという話もよく聞きます。そもそもマイナー媒体であれば、重いストーリーは比較的求められていないので、元より活躍の場は多いと思います。

みんな、苦手を克服するためにがんばっているんですね。しかし何より、苦手でも諦めずに最善を尽くし続けるというのが一番大切なのかもしれません。プロはみんな得意分野を伸ばしつつ、弱点を克服する努力をしています。僕も絵が苦手で苦労していますが、このままじゃだめだと思って一生懸命頑張ってたら少しずつ上手くなってきた気がします。こうしてみんな苦手だな~とか思いつつ数をこなしているうちに一人前の漫画家になっていくのではないでしょうか。

水陸両用を求められてしまう漫画家は大変なんだなあと思う今日このごろなのでした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください