2013年 05月 15日

オリジナル4コマ漫画 アプリちゃん(16P)



同人誌のやつと内容は同じです。

作品を作って、見てもらって、次もがんばろう、ってのは
創作活動する上で大変大きなモチベーションになります。

しかし最近はそのサイクルが面倒くさいと思えるんですな。
何しろ色々ありましたので。
俺は面白い、正しいと思ってやってた事でも変な連中に粘着されて
まあそれがまわりまわって人格攻撃とかにも繋がりましたし
上から目線の常識ぶった説教だの、嫌がらせだのされて
もうどうでもいいわって感じです。

しかしまあ、そういうgdgd状態でいると
生産性が低下し続けるので
いい加減どうにかしようと思って重い腰を上げました。


ここ数ヶ月、とある事情によりペン入れはしていなかったのですが
オリジナル漫画のネームを、ちまちまやってました。
結構書きなおしたりしてるんで、ぼちぼちですが
32ページの短編のネームが6本あります。
3ヶ月で1年分くらいのネームを先にやった感じです。
単純にキャラ考えたり話作ったりといった経験値効率は高いので
ネーム生活も悪くないかもですね。


あと、同人辞めてリアル中心の生活にしてたら
なんか運が向いてきて、あれこれ充実してきました。

インターネットで数千人に向けた娯楽を提供するよりも
リア友と遊んでささやかな幸せを噛み締めていたほうが
よっぽど楽しいです。

なんかもう、怖いですわ、目立つのが。
普通の絵師とかがやってるみたいに、善人ぶったキャラ作って
うさんくせー聖人君子みたいに振る舞うのは嫌ですし。
基本的に、いつも自然体で居たいんで。
居場所守るために邪魔する連中の屍を踏み潰して歩くのも俺の趣味じゃない。
じゃあ世捨て人として世を忍んで生きるか…
みたいな感じになるわけですよね。
つっても、メディア露出を、一般人程度にする、ってだけですけども。

んで最近原稿できる時間があんまりなかった。
何しろゴールデンウィークは連日遊び歩いて川でBBQしたり
そんな調子でしたからね。
楽しくて楽しくて仕方ないですね。完全にリア充ですよ。
毎年高い金払ってMBFでイジメられにいくのが鬱だった例年とは大違い。

で、俺が漫画書いてなかったらウンコ製造機なんですけど
まあこれも人生経験。インプットの時期なのかな、と考え
ひたすら創作のヒントになりそうな出来事をメモったりして
遅まきながら青春を謳歌してます。

ウェブ拍手レスのコーナー

しゃどさんの雰囲気好きなので、またツイッターフォローさせていただきました
ツイッターはもはや誰かを楽しませるためにネタやったりしないで
単なるそこらへんのおっさんの愚痴コーナーと化していますので
全然面白くないと思いますが、よろしくお願いします。